天災の脅威

 

 

 

 

f:id:mursakisikibu:20150424101226j:plain

 

蔵出し画像。

 

~~~~

最近の天候には脅威を感じる。

 

ナビの知り合いはⅯ県に住んでいる。

とても温かみの感じられるかたで、好感を持っている。

 

このところ、交流をしていないが、お元気に

されているだろうか。

台風の被害に遭っていないだろうかと案じている。

 

被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

 

 

G20サミット

 

 

f:id:mursakisikibu:20190701200248j:plain

 

大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議G20サミット)は

無事閉幕した。

 

巨費を投じての費用対効果は

いかほどになるのだろう。

食事やおもてななしに至るまで

最高で最善の贅を尽くしたサミット。

 

終わってみれば、諸々問題点も多く課題は山積のようだ。

ともあれ無事閉幕して、関係者胸も安堵していることだろう。

 

 

 

 

 

オニアザミの生態。

ブログ友からの情報です。

 

f:id:mursakisikibu:20190630172151p:plain

 

「鬼」を名乗るとおり、このアザミ、ただ者ではないのです。葉

が厚くてトゲトゲがいっぱいで、大げさではなく凶器と言ってもよいほど。

 大きく育ってしまったら、もはや手出しができないのです。ゴム手袋でも薄いものだったら歯が立ちません。棘が手袋を突き破って肌を刺すことも。かなり痛い思いをしないと始末できないのです。

 

 そもそも、アメリオニアザミは、花の咲き始めこそ、こんなに可憐なのに、後がいけません。冠毛がタンポポのように綺麗ではなく、薄茶色で汚らしいのです。種は空を飛び、この草は、新しい場所でどんどん増えていきます。

 見かけたら、芽出しの頃に処分しなければ大変なことになります。実は、昨日紹介した隣地にも一株生えてきたので、大きくなる前に処分したのですが、それでも、かなり痛い目に遭いました。

 

オニアザミ。

わたしも痛い思いをしました。

とってもきれいな花で最初は喜んで

大切に愛でていました。

立派に数本の花を咲かせてくれました。

 

ところが棘が痛くて、慌てて切り取りました。

恐いです。

やっと枯れて来たのでやれやれです。

まだ根っこが残っているかもしれないので

しっかり、枯らそうと思っています。

皆様もご用心!

パタカラ体操。

f:id:mursakisikibu:20180114104102p:plain

初期の作品

自分で今描けないぶん、稚拙な

かつての絵が懐かしく感じる。

 

 

 

f:id:mursakisikibu:20180110152648p:plain

 

パタカラ体操。

口を大きく開けてお口の体操。

パパパパ、タタタ、カカカ・・

わずかなことだけど、欠かさず口を動かしている。

 

 

NHKのラジオ体操も欠かさずやっている。

アホのひとつ覚えのように、愚直にやっている。

その積み重ねが大事だと思える。

 

人と深く関わる。

 

写真を投稿  

 写真を投稿
今月のファイル利用量 3%
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:mursakisikibu:20190625172502j:plain

 

写真を投稿  

 写真を投稿
今月のファイル利用量 3%
 
 
 
 
 

写真を投稿  

 写真を投稿
今月のファイル利用量 3%
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:mursakisikibu:20190602171634j:plain

f:id:mursakisikibu:20190602171634j:plain

 

中高年期における人格の成熟。

 

中高年の多くが、迷いや不確かさを抱えながら生きている。

今の日本の社会ではいつまでも若々しく、元気に活動することと言った

外的な価値ばかりに重きが置かれていて、内面的な成長、成熟が軽視されている。

 

心理療法家のユング

人間は人生の午後を生きることになるが

それまでの外的な生き方に惑わされ、振り回されていると

価値観の転換に失敗し空振りしたま、年月を過すことになる。

 

人生に価値を見出し、それにこだわり抜くこと、静かな

孤独を味わいつつ、少数の他者との関わりを持つ。

 

「孤独」「執着」は、老いた人間の姿を悪しざまに

使われる。

 

しかし、深く孤独を生きる事、魂を込めて

とことん魂を込めて生き抜くことこそが

内面を深めるという。

 

人生を悔いなく生きるために~~

抜粋しました。