よくわからない。

アグロステンマ 何だかな~ 先ほどまでパソの機嫌が悪く、ネットに入れませんでした。 まったく、どうなっているのだろう。 今、奇跡的に繋がりました。 この間、調子が悪いので、娘に見てもらったら 簡単に繋がった。 でも『二人でお茶を』には入れずじまい…

お見舞い申し上げます。

雨の日はくちなしがよく似合う。 ほのかに匂う香りが好きだ。 今日も朝からよく降る。 そんな中、被災された方にはお見舞い申し上げます。 胸が痛みます。

蔵出し画像

以前描いた絵だ。 懐かしい。 最近は一枚も描いていない。 稚拙ながら愛着はある。 どうして描けないのか。 描かなくなって随分日が経っている。

眼科へ。

あっと言う間に月が替わった。 梅雨到来で毎日が肌寒い。 早くカラッとした太陽を拝みたいたいものだ。 パソコンの具合も、良かったり悪かったりしている。 久しぶりパソを触る。 まるで私の気性みたいだ。 今朝は眼科に行って来た。 娘が仕事を休み、近くの…

眼科へ。

あっと言う間に月が替わった。 梅雨到来で毎日が肌寒い。 早くカラッとした太陽を拝みたいたいものだ。 パソコンの具合も、良かったり悪かったりしている。 久しぶりパソを触る。 まるで私の気性みたいだ。 今朝は眼科に行って来た。 娘が仕事を休み、近くの…

愛犬の思い出

朝の散歩ではワンちゃん連れと、よく出合う。顔ぶれは、だいたい決まっている。飼い主のあとを、よそ見をしながら従順についていく犬やわれ先へと進み、ご主人さまを引っ張っていくワンちゃんもいる。 歩くときの犬が先か、人間が先かで、そのカップル?の主…

よくわからない。

相変わらず、パソのご機嫌が良くない。 自分のページへ入るのにあちこち迂回して 入る始末だ。 でも入れて良かった。 たまに、まともに入ることができる。 何の加減か、まったく嫌になる。 今、まともに繋がっている。 こちらのナビとは長いお付き合いだんだ…

サクランボ。

サクランボを毎年頂いていたが、最近はお互い疎遠になり 口にすることが少なくなった。 年年歳歳、物事も変化する。 連絡してみようかなと思うが、最近は諸々が 億劫になってきている。 でもあの甘い赤い宝石を口にしたい気持ちはある。 知人の贈ってたサク…

ノウゼンカズラの思い出。

数年前の文章です。 朱赤のノウゼンカズラ。 毎朝歩く、川べりの散歩道に雑木林がある。 あった、というべきか。 昨年の今ごろは、青々とした竹が茂り 立派なピンクのハマユウが自生していた。 そして大好きなドングリや椎の木も賑わっていて 秋頃に可愛いグ…

花はいいな♪

何だかよくわからないが、やっと繋がった。 植物図鑑を読で以来だ。。 おかしいな。 繋がっているあいだにブログを描いておこう。 知人からユリの花を頂いた。 彼女の母が育てているらしい。 立派なものだ。 香しい香りを放っている。 いつもありがとうござ…

植物図鑑

植物図鑑 ごく普通の女の子であるさやか(高畑充希)は、ある晩、行き倒れていた青年(岩田剛典)と出会う。樹と名乗る彼は、自分を犬になぞらえ、拾ってくれないかと言い出した。こうしてさやかは、思いがけず彼と半年の間だけ同居生活をすることになる。名前と…

オフ会の思い出(^^♪

「シニア・ナビ」のドン サークルなど 編集 お盆と正月とクリスマスが、いっぺんに訪れたような至福の時を味わった! 子どものころの盆や正月というと、新しい服を買ってもらい 馳走をたらふく食べて、年に一度味わう祭りのようで、待ち遠しかったものである。…

愁い。

相変わらず、パソのご機嫌が良くない。 今日は、少し胸の痛む話しを記してみたい。 迷ったのだけど、明日は我が身の思いの心境だ。 70代後半の義姉夫婦のことである。 二人は闊達で若いころから仕事以外でも地域のボランティア活動に 勤しみ、つつがなく暮…

サーモンピンクのカーネーション

長いこと咲いているサーモンピンクのカーネーション。 土がいいのか、肥料が合っているのか、ずっと機嫌良く咲いている。 鉢をひと回り大きいサイズに変えたのも良かったかも知れない。 朝顔みたいな花。 こちらもいい感じ! 名前を思い出せない。 ペチュニ…

変な感じ。

何だか変! 自分のブログに入るのに難儀した。 前も同じことを言っていたような。 以前使っていたサイトのアドレスが 頻繁に出てきて困っている。 娘に設定をやり直してもらったのに またまた、出てきてきて邪魔をしている。 頭の体操になるから根気よくトラ…

ラベンダーの香り。

相変わらず、ネットのご機嫌が良くない。 今日は珍しく、繋がった。 朝から花の手入れだ。 長い間咲いてくれた、花の切り戻しをしている。 ペチュニアも茂っているが思い切って切った。 スッキリ! たぶん、また新芽が出て来るだろう。 そのあとに、アジサイ…

深紅のアジサイ。

深紅の紫陽花 鮮やかなアジサイ、一目惚れしました。 散歩コースの花屋さんで目に留まり、買ってしまった。 花が終わったたら挿し芽をしてふやそう! 姉も垂涎の的だろう(^^)/ 最近コロナのせいで長い事会っていない。 ブーゲンビリアも咲き続けています。 …

ネットを楽しみたいが。

変なの~~ シニア・ナビは、創設当時から交流している。 会員歴は古い。 機嫌よくネットを楽しんでいるが、病と 目の加減がよくないので、程々にしている。 おまけに、根気もなくなった。 我ながら情けない。 そんな中、ネットのプロバイダーの加減かわから…

カーネーション談義。

母の日プレゼント 毎年贈ってくれるお嫁ちゃん お花が好きなのでとても嬉しい。 微妙に色の違うカーネーションだ。 問題はこれからだ。 昨年同じくカーネーションを贈られた。 すごく嬉しくて大切に育てた。 でも枯らしてしまった。 寂しい(´・ω・`) 何が良く…

また映画が観れる。

『英国王のスピーチ』 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ六世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネル・ローグの友情と妻の愛情に…

今年の墓参。

5月が来ると切なさが迫る。 何故ならこの月は命日が多いからだ。 夫が逝って何年になるだろう。 夫、実母は1年違いで死去した。 母も夫も慈悲的で心底心の篤い人だった。 二人とも料理が上手で思い出すのは食べる事ばかり。 5月が来ると母の手製のご馳走を思…

可愛くてならない。

我が家に咲いた花。 知さな株から毎年花を増やしている。 イエローの株も小さな苗からどんどん羽を伸ばしている。 育てやすい花! 宿根なので毎年花をつけるらしい。 最近仲間入りした。 気品がある。 バラのようなカンパニヌラ これからどんどん大きくなり…

コロナの終息

墨田の花火。 一度枯らしてしまいましたが、復活です。 紫陽花は好きな花です。 昨年の画像ですが今年も蕾をたくさんつけています。 コロナの終息、いつになったら~ 固唾を呑んで見守っている。

感染症の恐怖。

コロナ禍 目に見えない感染症が生活を脅かしている。 戦々恐々の思いだ。 政府の対応も後手後手の感がある。 一生懸命対応してるのだろうが、どこか 人任せの感があり安心できない。 ×××××××× 半年に一度の病院通いも、伸ばすことにした。 今のところ何の支…

風車のある風景。

風車のある風景。 パソ画を初めたころの作品。 線もぎこちなくて、稚拙だが、今みると それなりに味わいがある。 今は目の加減もあり、じっくりパソ画に 向き合っていない。 あの頃が懐かしい。 同じ作品を何度も出している。 ご覧頂いた方にはご容赦くださ…

懐かしい花。

アグロステンマ かつて、我が家に咲いていた。 いつもの散歩コースだ。 でも今は見る影もない。 切り花にして長く愉しんだものだ。 次々と開発の手が伸び、すっかり様変わりした。 寂しい。

戦々恐々

連日、クラスター関連の記事でいっぱい。 恐れる感染症。 明日は我が身かと怯えてしまう。 人を殺すのに刃物は要らないと言われるほど 殺傷力のある感染症だ。 戦々恐々の思いだ。 いつまで続くのか。 人間の英知を絞ってた対峙するしかないのか。 自分でき…

見えない敵コロナ。

早く終息してほしい、コロナ。 一歩間違うと、命取りになる。 政府も行政もそして民間も知恵絞っているが テキは手ごわい。 見えない敵に翻弄されている。 固唾を呑んで見守っている。 アメリカのトランプ大統領もようやく 対策に真剣に向き合い出したようだ…

散歩の途中で

飽きずに花を撮っている。 娘と歩いていた時にパチリ。 貴婦人のようなチューリップ。 マーガレットが可愛い。 我が家もあるけれど、まだ咲いていない。 開花が待ち遠しい。 どんどん増えている。 黄色ってインパクトある。 名を忘れた(´・ω・`)

壱拾弐一重

姉の処でもらった花。 どんどん増えて困ったいるそうだ。 紫の葉っぱと、ブルーの可愛い花。 よーく見ると、愛らしい。