読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれか教えて

感動・社会事象

気になっている「木」がある。
果物だろうけれど、名前がわからない。
わからないとよけいに知りたい気持ちが募る。


その木は、市の遊歩道を散歩していたときに見つけた。
人口の小川に沿ってひっそりと植えられていた。
1メートルほどの小さな木に、レモンのような
ポンカンのような変な実が、ぶら下がっている。
よく見ると葉っぱはミカンに似て、棘もある。
実は触れると、重くて固い。
カリンほどはっきりした匂いではないが、かすかに甘い香りが漂う。
う〜ん、なんだろう?



気まぐれにその果実の絵を描き、わがブログに挿絵として
載せていたところ、シニアナビのメンバーから
「ハヤト瓜」ではないか?とメールをいただいた。


ハヤト瓜?初めて聞く名である。
さっそく検索してみた。
う〜ん、似ているけれど葉っぱが違う。
キュウリやトウガンなどのウリ科のようだ。



ハヤト瓜


市の「緑地公園課」にメールで問い合わせてみた。
ほどなく市から電話で場所を聞いてきて
「よく調べてみます」、などと言ってくれたが
それっきり、なしのつぶてである。
市もわからないのだろうか。


もう一度確認したくて、その実を見に出かけた。
雨の降る日である。
少し見ないあいだにその木は無残な姿になっていた。
葉っぱが散り、実は1,2個残っているだけだ。
カラスにでも食べられたのだろうか。



かすかな甘い香りの果物の名、や〜い。
だれか知っていたら教えて欲しい。
変なところで粘着質のわたしがいる。