読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフ会でのサプライズ!

こんなこともあるのかと、驚いている。
犬も歩けば棒に当たるというけれど
人間も歩けば、予期せぬ人に会うものである。



シニアナビのサークル「歩こう会」に参加した。
昨日とは打って変わった晴天に心弾ませ、家を出た。
大阪は交野にある『私市(きさいち)星のブランコ』へのハイキングである。



この一帯は枚方市に隣接し、天の川や、織姫と彦星など
七夕にまつわるロマンティックな名称が多い。


今回は新メンバー2名を迎えて、男女4名ずつの総勢8名の参加者である。
思いもかけないサプライズは、サークルのなかで起こった。


環状線の車中、向かいの席に座ったひとりの女性に目が留まった。
ハイキングスタイルである。
お天気が良いから同じようにウォークに行くのだろう。


電車を降りると、わたしが目指す方向へ歩いていく。
ホームの中で、何やら探しているようでもある。
待ち合わせはホームの「キヨスク前」だ。
わたしも探していたが、みつからない。


その様子から、思い切って
「ひょっとしてシニアナビの方では?」と声をかけた。
「しあわせさんですかぁ?帽子ですぐわかりました!」と明るい返事。
初参加のSさんだ、初めてお会いする。


サークルのトピのなかで、麦わら帽子をかぶっていくことを
宣言していたから覚えていたらしい。
電車の中でもそう思っていた、というのである。


待ち合わせ場所をみつけると、管理人のGさんやFさんが
プラカードを控えめに持って、待っていた。
定刻になり次々とメンバーが集まる。


今回初参加のRさん、おなじみ雪の丞さん、リーダー役のNさん。
Hさんは、別なところでの合流らしい。
ひとしきり顔合わせが済み、メンバーと雑談をしていると
雪の丞さんが、Sさんを伴って驚いた様子で言う。
「こんぺいとうさんのコンサートで会っているらしいデ」


え?なんという奇遇!
Sさんとは、8年前にお会いしているのだ!
「こんぺいとう」という音楽ユニットのつながりである。
彼女が東京在住の「こんぺいとう」さんの、コンサートを
大阪で企画し、雪の丞さんと一緒に聴きに行ったことがある。


ギターとパンフルートが醸し出す二人の演奏に感動し
その半年後、同じようにコンサートを大阪で主催した。
そのとき受付などを手伝っていただいたのがSさんである。
「こんぺいとう」つながりで二人は、因縁が深い。


その後もお互いのホームパージなどを行き来していたが
いつしか疎遠になっていた。


まさか、シニアナビの「歩こう会」のサークルで、再会するとは!
ハンドルネームもお互い違うし、お顔もはっきりとは覚えていない。
雪の丞さんのおかげで、糸がほぐれたようなものである。
シニアナビへの入会も最近のようだ。


それから、堰を切ったように話がはずむ。
道中の電車や歩きながら、まわりの背景が目に入らないほどである。
まるで8年間の空白を埋めるがごとくよく話した。



こういうことも、あるのだな。
人との出会いの不思議をしみじみと思った。


「歩こう会」のハイキングは、新人のRさんもSさんも
すっかり打ち解け、絶えず笑いが聞こえる。
Fさんがおやつに持参された「ふかし芋」を新緑のなかでいただいた。
これのなんとおいしいこと!


いろいろエピソードは山ほどあるが次の機会に・・・・


予期せぬ「再会」に焦点をおいたが
リーダーさん初め、みなさまのおかげで、素敵な時間が持てました。
ありがとうございます。
アットホームなサークルの雰囲気に、まだ気持ちがほかほかです^^


思いがけず再会できたSさん
これからもどうぞよろしく!