読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

化粧品選びは、生き方に通ずる

健康・医療

いまやTVのCMは、化粧品と健康食品が大勢を占め
執拗で熾烈な競争が繰り広げられている。
それだけ需要と関心があるということか。
肝心の効果は、どうなのだろう?と疑問視する。



化粧品については、シニアナビの相談室でも
「シニアの化粧品選び」で投稿があった。
歳を重ねると肌の衰えも増し、若いころと同じようなわけにはいかない。
年齢に比してシミやシワ対策も考えねばならない。
そして迷い、悩むのである。


「化粧品選び」は難しい。
そのひとの肌質はもちろんのこと、生き方にまで反映してくるからだ。
他人に勧められても簡単に変えることができない習性もある。
ある程度の「害」についての知識も必要とする。
言いかえれば化粧品と言えど、選び方には知性がいるということだ。


何を基準に選ぶか。
有名メーカーだから?
美しい女優が名を連ねているから安心?
価格に引かれて?
どれも選び方の主になってくるだろうが
案外、見落とされているのが「成分表示」である。


からだに害をもたらす「指定成分」や、使ってもいい成分表示などが
厚労省によって定めら、表記を義務付けられている。
その成分の中身が、どのような影響を及ぼすのかは
あまり知られていないし、関心も薄いようである。


わたしも、かつてそうだった。
テレビのCMに踊らされ、また訪問販売のセールスレディに
進められるまま使っていた。
どれも似たようなものだと思っていたし
何で作られているかなど、考えてもみなかった。


ところが40代後半ごろから、メイクもできないほど肌が荒れていった。
バブル期であり、高い化粧品を使っていたにも関わらずである。
痒くてメイクどころではない。


そのころから皮膚科通いが始まったのだが
どこへいってもステロイド剤を処方される。
ステロイドの弊害については多少の知識はあったので
医者の言を鵜呑みにしないで、間引きしながら使っていた。


それでも使うと顔のかゆみは収まるが、ムーンフェイスと呼ばれる
腫れたような丸い顔になり、ますます悪化の一途をたどる。
単なる肌荒れとは言えない悲惨な状況である。
原因が何であるかも、さっぱりわからない。


外で働く分には、この顔をさらすには辛い。
そのような状態が半年ほど続いたある時期に、この原因を知ることができた。


化粧品に使われる「石油系界面活性剤」である。
界面活性剤は、台所の洗剤やシャンプーや、住居用洗剤など、
数多くの商品に含まれている。
キッチン洗剤はゴキブリなど、一滴で死ぬほど毒性が強い。


安価な石油を基にしたもので、ほとんどの製品がこれを主にしている。
「石油系界面活性剤」は、皮膚を通して体内に入り、
長いあいだ使い続けると腎臓や肝臓の機能低下を招く。
知らず知らずのうちに毒を体内に入れることになる。
無知というのは恐ろしい。

これら一連の化粧品をきっぱりやめた!


「界面活性剤」を使わない化粧品を知り、使うことにより
「からだと皮膚」の健康を取り戻したのである。
リバウンドも免れた。


人によっては何も症状が出ず、わからないこともある。
幸か不幸かわたしは、人一倍敏感なほうで、からだが反応するほうである。
以来、シャンプーや台所洗剤もすべて「石油系界面活性剤」を
排除したものを使っている。


「肌は内臓の鏡」と言われる。
きちんとした食生活、生活習慣などともに、からだに負担をかけない
製品の選び方が内臓の強化や肌にも影響する。
CMなどに踊らされないでわが身を守りたい。