読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血脈を読み終えて・・・

読書から

[:360:left]佐藤愛子著「血脈」上・中・下 3巻を、やっと読み終えた。
1巻600ページ、全1800ページであるが、3週間もかかった・・・。
最近は目の疲労感もあり、ページを繰るのが遅い。



でも早く読み進めたい気持ちが強く、横浜へもカバンに忍ばせていた。
往復の車中、ホテルでの寝起きのときも目が離せないほど
夢中にさせる内容だった。


ようやく読み終えると、疲労感に襲われている。
こちらの薄い肉体に宿る小さなエネルギーを
根こそぎ持って行かれた感がある。


この小説については、前回のブログ「一顰一笑」で少し、触れた。


憤怒の作家で知られる佐藤愛子の「激情型」性格が
どこに起因するのか知りたかったし、父・佐藤紅録についても関心が深かった。
佐藤紅録→サトウハチロー→愛子という風に
作者、佐藤愛子は、紅録(洽録)の血をもっとも濃く継いでいる。



諸悪の根源は、洽録が、三笠万里子・シナ(佐藤愛子の母)に惚れたことにある。
不幸の始まりと言っていいようだ。
シナは、洽録より20歳若く、女優志願で、男にもお金にも関心がなく、
役者で大成することだけが夢だった。
無理に紅録に囚われて大事にされても少しも有り難くはなく、
いつも不機嫌で、無愛想である。
しかし洽録の方は、狂気のようにのめりこむ。



洽録には正妻とのあいだに5人の子がおり、芸者にも子どもを産ませ認知し、他に妾なども多々いてまさに火宅のひとだった。

シナにのめりこんだ結果、正妻と子どもたちを捨て他の女ともきっぱり縁を切る。
洽録の、女好き、癇癪持ち、他人に迷惑をかけても屁とも思わない蛮人的性格はそのまま、ハチローを始め4人の息子に引き継がれていく。


佐藤家の男達のなんという不良ぶり、どうしようもない我が儘ぶり。
そして自分で自分を律することが出来ない性格、
女好き、独立心のなさ、衝動的性格、その反面、寂しさに耐えられないなど
大挙して親に迷惑をかけ尻ぬぐいさせる。


粗野で、人を人とも思わぬハチローのどこから
あの優しい詩が生まれるのだろうと、みなが首をひねる。
ハチローが子どものころ、父の作品に批判的だったように
ハチローの子どもたちもハチローの詩に反吐を吐くほど嫌っていた。
私生活の乱れと作品の静謐さにあまりに隔たりがあるからだ。


サトウハチローの詩には「かあさん」を謳った詩が多い。


♪かあさんが 夜なべをして 手袋 編んでくれた♪  という
優しい詩も、実生活からはかけ離れ、母を憎む気持ちが強いのに
ウソばっかり書いて、と兄弟や、まわりから不評である。


一方で「かあさんの歌」は、生みの母を想う心情の表れだと評する人もいる。
実母は家事能力、育児能力ゼロで、手伝いや乳母に任せきりにし
あげくは、他の親戚に預けたりしている。
すべての兄弟が親の愛情を欲しているのに愛情を得ずに育った。


子どもを次々と生んでは、家庭を顧みず妻も子どもも放任しているところは
父とハチローと、そして他の異母兄弟もまったく同じである。


佐藤家の「血」と作者は言い、因縁とも結ぶが
しかし親の愛情不足が、ここまで放恣な人間に
育つものだろうか?とわたしは疑問に思う。


この小説は、「別冊文芸春秋」に12年間連載されたものらしい。


着手する13年ほど前に、佐藤愛子の友達中山あい子
「あんたはいいよね。ヘンな親類がいっぱいいて」と
小説のネタに不自由しないことを羨んでいたという。
あまりにもヘンな親類が多すぎて、よく考えてみると
自分もそのひとりであり、どういう手法で書けばいいのか
わからなかったというほどだったという。


とにかく、ずっしり重たい内容である。
読むほうも気力がいる。


[:
]★佐藤家の主な登場人物は・・・系図より・・・★

洽録(紅録)・・・小説家。高い理想を持ちつつ、荒ぶる情念に
        引きずられる男。佐藤家を巡る物語の源である。


シナ(万里子)・・洽録の「宿命の女」。大正4年女優を志願して上京するも
        洽録の執着に負け、2番目の妻となる。
        生涯を賭けた舞台への夢断念させられた。早苗、愛子の母。


八郎(ハチロー)・洽録の長男。父譲りの文才と感受性を受け継ぎ
        不良少年から売れっ子詩人に。


節(チャカ)・・・次男。その不品行で数知れぬ問題を起こす。
        愛人と広島で原爆に遭い死す。


弥・・・・・・次男。5歳で伯父の家に預けられる。フィリピンで戦死。


久(キュウ)・・四男、節の嘘のために追い詰められ、19歳で女と心中した。


真田与四男・・洽録が芸者に生ませた息子。父の違う兄と妹がいる。
       若くして共産党に入る。


早苗・・・・・洽録とシナの長女。活発な娘。佐藤家の乱脈ぶりを嫌い
       両親の反対を押し切って東大出の村木と結婚した。


愛子・・・・次女。洽録の愛情を一身に受けて育つが、陸軍主計の夫が
      終戦後、モルヒネ中毒となって帰還し、その人生が一変する。