読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パソコンの基本ソフト(OS)は・・・

パソコンあれこれ

f:id:mursakisikibu:20130423162637j:plain

 

 

ウィンドウズ「XP」のサポートが、来春には打ち切られるようだ。

それに合わせてマイクロソフト社は、新世代のOSに移行してほしいと

願っており、全社を挙げて周知や移行支援に取り組むと述べている。

 

過日の日本経済新聞の記事によると・・・

2001年に発売されたXPは、日本時間の14年4月にサポートを停止する。

サポート期間中は新たに発見されたプログラムの欠陥や

ウイルスなどの脅威に対し、そのつど、修正プログラムを提供しているが

終了後はそれをしないため、ウイルスの感染や不正アクセス

リスクが大幅に高まるという。

 

XPを使い続けているケースは多く、調査によると国内の

約3500万台の法人向けパソコンの40%がいまだにXPで

特に中小企業や教育現場でXPの比率が高いという。

個人と法人と合わせると600万台のパソコンでXPが使われている。

 

業界ではサポート終了で「特需」が生まれるとの見方もあり、

日本マイクロソフトは、中小企業向けに15%の最大割引キャンペーンを

始めたというが、果たしてうまくいくのだろうか。

 

MSは、最新のOS「8」へ移行を進めたい考えだが

高価で「8」搭載パソコンより、安価で安定したひと世代前の

「7」を選ぶ企業が多いという見方もある。

 

顧客の継続利用もある。

特にXPでしか動作しないCAD(コンピュータによる設計ソフト)

すべてを切り替えるのにコストがかかる。

 

サポート終了後に新しいウインドウズに更新せず

業務の内容によってはアップルのiPadに変更する会社やユーザーもおり

サポート打ち切りによって、ウインドウズ離れを招く脅威も感じているようだ。

 

わたし自身は、ヴィスタを使い続けて5年ほどになる。

XPから移行するとき、どれだけ難儀したか・・・。

とにかく腹が立つほど、使いにくかった。

オフィスソフトのワード、エクセルなどの階層化が深くなり、

使い辛さを経験した。

バージョンアップされるたびにユーザーは振り回され

疲労困憊する憂きめに遭う。

 

新規にOSを更新する場合でもわたしは「8」には、しないつもりだ。

今でも充分間に合っているからまだ使うけれど

パソコンで絵を描いて遊んでいるので、大きい画面が欲しい。

今のままだとモニターだけの買い替えは解像度が低く

ワンランク上のPCは必定ではある。

 

パソコンの買い替えは、もろもろ引越しや、ソフトの入れ替えなど

煩雑な作業がありなかなか面倒である。

XPから「8」への移行は、戸惑うことも多く、

しばらくは仕事にならないのではないか。

XPのサポート終了による打ち切りは、波紋を呼びそうだ。