読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっと言えた!

健康・医療

 

 

毎日、今日は言おう、あしたは・・と

言いだせなかった「タバコの煙」のことをようやく、言えた。

昨日のことである。

 

f:id:mursakisikibu:20130625065025j:plain

 

 

以前ブログでも触れた「紫煙」のことに

たくさんの方から素晴らしい知恵をいただき

さてどのように何を実行しようか・・・思案していた。

相変わらず開け放した窓からはベランダを介して

あのイヤなタバコの匂いが部屋に流れてくる。

気にし出すと、ずっと気になるものでそれがストレスにもなりかねない。

一刻も早い解決を望みたい。

 

理事会に議題として提案してみたらどうか、とのコメントもいただいた。

なるほど、その手もあるか・・と顔なじみの同じ棟の役員に電話で打診してみた。

 

まずは、「ベランダタバコ」の苦情がないかどうか、

そのような議案を勘案中でないかと尋ねた。

一度だけ役員の中から苦情らしき案が出て

理事会全体で注意喚起をしようということになったのだが

住人同士のもめ事になりかねないと察知した

管理センターから待ったがかかったということである。

以来その件には、触れていないとのこと。

 

確かにタバコの嫌いな人にはベランダからの紫煙は

苦になるだろうから、エレベーターのなかの告知程度は

できますよ~という返事だ。

 

ピアノの音なども以前トラブルになり問題になったけれど

今は新たな紫煙のことも侮れない。

ただ騒音を我慢するだけならまだしも、紫煙は自らの健康がかかっている。

 

自身がタバコを吸う役員の言にがっかりした。

住民はこの程度の「民度」なのか?・・・

ならば、人を当てにしても埒があかない。

自分の身は自分で守ろう!

寝ても覚めても気になる。

意を決して、隣をチャイムを押した、決死の覚悟である。

 

「お願いがあるのだけど・・・」

最初は当たり障りのない会話から始めて、本題に入った。

とにかく風向きで、わが家に紫煙がたっぷり入ること、

洗濯物に匂いがついていること

なにより、気管支ぜんそくの気があるので

非常に息が苦しいこと(これはウソも方便)などを伝え

ベランダでタバコを吸うことを止めて欲しいと訴えたのだ。

 

「いやぁ半年も我慢してくれてはったんですか、すみません~」

ふだんから、それなりに交流のある若い奥さんは

すぐ理解を示し、謝ってくれた。

 

部屋の中では換気扇の前でも喚起は、変わらないことを聞いていたので

外で吸っていたのだが、そんなに迷惑をかけているとは

思ってもみなかったと恐縮している。

 

案外、自分のしていることはわかっていないことが多い。

他に言われて初めて気がつくこともある。

とりあえずベランダでのタバコは止めますと言ってくれた。

やれやれ・・・である。

 

では、どうするのか・・・

玄関先はどうでしょうか?と彼女が訊く。

 

ううう~ん。

やむを得ないか??

まだ玄関先なら被害は少ないかも知れない。

そのあたりで今は妥協するしかない。

 

喫煙者にとって頭の痛いことだろうが

健康のことを考えると少しでも早く禁煙に踏み切ったほうが?と

老婆心ながら、思う。

このことは、わが愚息にも言えることで、「聴いてるか!!」

一喝したい気持ちである。

 

とりあえずは一件落着で、久しぶりに気持ちの平安を得ている朝である。