読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またまた・・・悩む

 

 

朝6時を過ぎるとわが住居の中庭でも

セミがジャンジャン鳴き始め、夏を実感する。

それでも朝の散歩では、微妙に草いきれや虫の鳴き声に

初秋の匂いを感じたりもする。

季節は人間の営みなど関係なしに巡っているのだ。

 

f:id:mursakisikibu:20130720083807j:plain

 奈良・明日香の田園風景です

 

先日「紫煙」のことをブログに記し、読者のお知恵拝借の

おかげで、ようやく問題解決に至ったことを報告した。

「紫煙」

「やっと言えた」

 

 

あのタバコの匂いは激減した。

減った・・・だけで完全には消滅していない。

 

あれからお隣のママさんと通路ですれ違い

「どうですか?外で吸っているのですけど匂いますか?」

「でもお客さんが来たら外で吸ってもらうわけには

いかないので今までどおりのこともあります、すみません」と彼女。

 

「確かに少し匂うけれどずいぶん楽になりました、ありがとう」と

会話を交わしたのだけれど・・・。

 

う~~ん???

匂うのはたぶんわたしの推測では「お客さ」んというより

夫ではないかと思える。

夫さんは平日が休みのようで、ある曜日になると決まって

これまでどおりの「キツさ」で匂ってくる。

かなり譲歩してくれているので、少しぐらい我慢しないと

いけないかなぁと思いつつ、紫煙のことを娘に話した。

 

娘は今期、マンションの理事になり、成り行きで

理事長まで仰せつかっている。

当然、婿殿は仕事があるので出席できない。

3人の子を引き連れ理事会のギチョーをしているようである。

 

その理事会でもタバコのことは問題になっていて

ベランダからのポイ捨てにも頭を悩ましている。

「ええ~~っ、言いに行ったの?」と少し呆れ、少し感心していた。

言いにくいことをよく言うわぁ~と言う感じである。

 

でもやっぱり吸わない人にとってはキツイよなぁ。

集合住宅でのそれは他人事ではないだけに

「言えたこと」を喜んでくれた。

 

で、話しはこれからなのだが・・・

先日お隣さんの前を通ると

玄関先にベビーカーなどと一緒にコンパクトな灰皿が

置いてあることに気がついた。

「ああ~こちらで吸っているのだ、悪いなぁ」と

ふと窓際を見ると、なんとそこにライターが置いてあるではないか!

 

う~~ん・・・。

玄関先にライター?

ちょっと怖い。

 

こちらの住居はオートロックで外部の人間は

了解なしでは入って来られないことになっている。

しかし、他のひとにくっついて知らん顔して侵入することもできる。

安心できない。

通りがかりのひとに放火でもされたら、どうするのだろう。

また新たな心配が増えた。

 

いくらなんでも玄関にライターは良くない。

想像するだに恐ろしい。

 

また言わなくてはいけないだろうか?

「まったく隣のオバサン、うるさいなぁ」と、今度は疎まれかねない。

 

はて、どうしたらいいものやら・・・

まったく集合住宅というものは、難問多しである。

もっとも戸建てでも昨今は、同じことが言える。

 

どのような処に住んでいても営むのは人間である。

知恵を働かせて気分良く安全に暮らしたいものだ。

末梢的なことだけれど、悩む。