読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩盤浴は楽し!

 

 

車で数十分ほどの距離にある大型の天然温泉スパがあり

最近、そこに行くのが楽しみになっている。

 

遠赤外線のサウナは、昔からスポーツジムなどにも併設されており

プールのあとに部屋にこもったりしていた。

しかし、あの閉そく感が好きではなく、まるで我慢大会のように

じっと辛抱して汗を吹き出させることに嫌気がさし

ジムの退会とともに行かなくなっている。

 

韓国のソウルへ行ったときも「薬草窯」が有名で話のネタにと

一度入ったことがある。

人がようやく立てるほどの低い天井と、狭い空間で恐ろしく暗く

息が詰まりそうで、早々に引き揚げた苦い経験がある。

そんなイメージがあるサウナに対して、長いこと関心が持てないでいた。

 

わたしは、汗をかきにくい体質だ。

夏真っ盛りのおてんとさまの下でも、他人の蒸気した顔に

大粒の汗をしたらせるのを横目に、わたしは涼しい顔をしていることが多い。

涼しい表情は、決して自慢ではなく卑下になる。

どうして汗をかかないのだろう?

皮脂腺が詰まっているか、新陳代謝があまり活発とは言えない体質のようだ。

 

今年の夏ごろから知人に勧められ温泉併設の岩盤浴に行くように

なったのだが、存外にこれがいい!

その施設には、化石黄土の「茶の癒」や、ヒマラヤ山脈の純度100%の塩を

使った「白の癒」や、世界でも珍しいブラックゲルマという

天然石の「紫の癒」など、他にも趣向を凝らした窯が幾つもある。

 

 f:id:mursakisikibu:20131104065701g:plain

 

f:id:mursakisikibu:20131104065602g:plain

 

f:id:mursakisikibu:20131104065634g:plain

 

どの部屋も広くてきれいでBGMが流れ、閉そく感がなくいつまでも

入っておれるほど気持ちがいいのだ。

衛生的なのもいい。

若い女性が多いのもうなずける。

 

そして何より我慢せずして、大量の汗がわたしもかけるのである。

石の上に大きなバスタオルを敷いて横になるのだが

数分もすると、じわ~っと額や首や、腕に汗が滲んでくるのがわかる。

そして、目に入るほどの大きな汗がタラタラと体をつたう。

全身、べとべとになるほど大汗をかく。

これだけ汗を出せるなんて嬉しい!

 

ひと通り汗を出すと、水分補給のために休憩室に戻る。

パノラマのガラス窓の大きな空間は、また気分転換になり爽快だ。

マンガや週刊誌も2万冊ほど置いてあるらしく、それぞれ

木の床や椅子に寝ころんでページをめくるなどしている。

ひと休憩すると次の部屋の探検?に行く。

1日遊べる感じだ。

 

39度の部屋から50度以上の部屋もあり、どの癒も快適そのもので

汗をかかない体質のわたしがどんどん汗を出せる。

汗腺が開いたのだろう。

 

11時間ほどの散歩でも以前より汗が出やすくなったのを感じる。

 

体を温めたり、汗を出すことは毒を出すデトックス効果が

あるとされ、体にいいことは周知のとおりだが美肌効果もあるらしい。

美肌にはまだ遠いが、汗をたっぷり流せる癒し湯に最近

ハマっているわたしである。