読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューベルトの子守唄

家族

f:id:mursakisikibu:20131205075203j:plain

http://www.youtube.com/watch?v=59ixs0ge4qU

 

眠れ 眠れ 母の胸に
眠れ 眠れ 母の手に
こころよき 歌声に
むすばずや 楽し夢


眠れ 眠れ 母の胸に
眠れ 眠れ 母の手に
あたたかき その袖に
つつまれて 眠れよや

なんべん聴いてもうっとりするこの歌、この音色。

実は、わが孫たちのあいだでブレイクしているのである。

7歳、4歳、1歳が、生まれたころから、彼らがグズって寝付けないときに

ばぁばが、歌って聴かせて来た子守唄♪♪

 

斜めに抱っこして、片手で背をぽんぽん、叩きながら

歌ってやると、どの子も魔法にかかったみたいに不思議と

眠ってくれたものだ。

 

「偶然よ~」と、最初は本気にしていなかったママも

いま、1歳のチビスケがぐずったりすると

7歳と4歳が同じように、ポトポト胸を優しくたたき

歌って聴かせている、と言い、驚いて嬉しがっている。

 

先日も、ママが運転する車のなかで、いつも機嫌のいい1歳が

手がつけられないほど、ぐずり始めた。

夕方でもあるし、眠たいのだろう。

眠たいのに、眠れない・・・

 

小さい子を育てた人ならわかるだろうが

あのぐずっているときって、どうしようもないほど困るのだ。

大粒のなみだをポロポロ落とし、鼻水たらして反り返り

見ているだに可哀そうで何とかしてやりたい。

あの手、この手であやし、寝かせようとしたり

ご機嫌を取り直そうとしたりする。

 

そのときに出てくるのが「眠れ、眠れ~♪」である。

繰り返し、一生懸命歌って聴かせる。

 

♪ ねむれ~ねむれ~ははのむねに

♪ ねむれ~ねむれ~ははのてに ♪

 

4歳も7歳も最初の2行しか知らない^^

ばぁばも知らない。

あとはハミングしている^^

いつのまにか、心の奥深く刻まれたのだろう、

兄妹の大合唱だ。

 

ふっと静かになったなぁと後部座席を覗くと

歌っていたお兄ちゃん、おねえちゃんが眠りに落ちている。

まだまだ幼いもんだ。

 

もちろん、そのあと1歳のお坊ちゃまも

ばぁばの腕のなかでウトウトし始めた。

 

まったく「眠れ、眠れの」歌には心底、助かっている。

ありがとう~~

表彰ものだ^^

 

かくなるうえは、歌詞を全部覚えよう。

そしてチビたちに教えてやらねば・・・

ああ~、バァバは忙しい。