読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「わたしの家はどこですか」アルツハイマーの終わらない旅

f:id:mursakisikibu:20140201084306j:plain

 

 

原題は”Show Me The Way To GoHome”

「自分の家までどうやって帰ったらいいかわからない」だ。

題名からして具体的で、ある種の切なさを感じさせる。

 

54歳でアルツハイマー病にかかったひとりのアメリカ人

ラリー・ローズ氏が(1937年生まれ)、残された精神的能力を

奮い立たせ自己の内面を探りながら、そして感じた自分の周りの

世界を小説風に綴ったのがこの本だと言う。

 

この手の著書は介護者や医師や関係者が記したものは多い。

わたしもこれまで少しは読んで来た。

しかし本人自らがテープや、配偶者の言を得て

薄れていく記憶を基に綴ったというのは初めてだ。

アルツハイマー本人の内面を知る貴重な内容とも言える。

 

ブログ仲間の風香さんが、同じくアルツハイマー病が主題で

映画にもなった「君に読む物語」と、併記して記されていた。

「君に読む物語」は、読んでいないが、映画の方は

DVDも含め数回、観た。

何度見ても胸を打つ。

そして、疑問でいっぱいになるのだ。

あれほど行動的で知性あふれる主人公がどうして

この病にかかるのだろうか、と。

 

かつてこの病は、インテリ層にはないと言われていた。

レーガン元大統領やサッチャー元首相などの既往歴をみると

そんなことは関係ないようである。

だれでもなり得る病だ。

だからいっそう、恐ろしい。

 f:id:mursakisikibu:20140201084419j:plain

からだの病気は切れば治る、ある種のガンは治療も容易だ。

手術でたいていの病気は治る。

でも心の病はどうやって治すか・・・

アルツハイマー病治療薬は、まだ正式に認可されていない。

治験薬も副作用が多い。

 

ひとたびアルツハイマーと診断されると、ベッドに横たわり

口をポカンと開けたまま、そこが療養所だとも、別の場所だとも

わからずにいる患者たちを想像してしまう、という。

 

原因が何なのか、どうやったら阻止できるのか、まったくわからない。

病原菌が息をするときの空気に、飲み水に、入っているのだろうか。

数えきれないほど多くの病気は、こうしたところに直接の原因が

潜んでいるともされる。

遺伝性のものか、だとしたら子どもたちへの影響は?

 

疑問だらけの問題に著者は、対峙しようとしている。

パートナーに支えられ、近隣の仲間にも救いを求め

それでも逃げないで模索し、自己との対決を図ろうとしている。

訳者のパーソナリティもあるのだろうが

自然体で優しい文章で綴られた葛藤と苦しみが伝わってくる。

けれど、読む者を時間の経過とともに病の底しれぬ恐怖へと誘う。

 

認知症予備軍、800万人。

今日、この一瞬をどう生きようか・・・

ラリー・ローズ氏に教えられた。