読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別人倶楽部にて

生き方・人

f:id:mursakisikibu:20140207082728j:plain

何やら秘密めいた館みたいだが、何のことはない。

イタリアンレストランのことだ。

今は名称が少し変更になり「別人」となっているが

この呼称も、おもしろい。

 

 都心の小さなレストランだがパティオがあり、洒落ている。

このレストランで、かつての仕事仲間とランチを共にした。

ささやかな宴である。

退職前、団体職に就いていたときに机を並べていた二人である。

3人揃って会うことは、めったにない。

 

 うち、パートで働くひとりは、まだ現役である。

どんどん人件費を削られ、ついに週2日勤務となったと嘆いている。

「主人が退職して毎日家にいるのでしんどいわ~~」

 

夫の退職で妻がうつ病になる話に進展し

同じ家のなかで距離を置いて暮らさないとなどと

一人暮らしのわたしたちは、のんきにアドバイスする。

 

 そんなことから、60歳を半ばにして何らかの職に

しがみついていられることを喜んでもいた。

モノは考えようだ。

 

 しかし彼女、なんだか垢ぬけてきたなぁ・・・

もうひとりの人と顔を見合わせた。

早々に引退して家に引っ込んでいるわたしたちと大違いだぁと

認識したものである。

 

 長いつきあいだから、本音でしゃべる。

 

 もう一人のN子は、長年「結婚相談所」を営んでいる。

本業の傍ら、わが事務局の繁忙期にアルバイトで来てもらっていた。

相談所も死ぬまでできるからと、仕事ができる今を有り難いとにこやかに話す。

 

 N子のすごい所は、まったく病を感じさせないことだ。

あのパワーと行動力には恐れ入る。

 

2年ほど前に乳がんが再発し、同じ時期に甲状腺がんを併発。

そしてPET検査で新たに腰のあたりに腫瘍がみつかったと言っていた。

さすがに告知された時は、ショックを受けたようだが

最新の放射線療法や抗がん剤投与など次々と選択した。

驚くことに副作用がないらしい。

完治ではないが医者が、びっくりするほどの回復を見せている。

 

普通の人ならば3つのガンを告知されれば

生きる気力が萎えるところだが、彼女は意に介さない。

「気にしててもしよーがない。なるようにしかならないし!」と

誰にでもあっけらかんと話す。

 

 病気に対する執着心が薄いからだろうか。

却って病状のほうが退散しているように感じられるほどだ。

70歳を目前にし、多少稼ぎもある彼女は車をころがし

温泉や近場の旅行へと日々を謳歌している。

 

 気丈夫にしているようでも日々、感謝の念を忘れない。

「毎朝30分、お経を挙げているのよ」

彼女が両親の亡きあとを見ている。

「今日一日、生きさせてください、こればかりよ」

「毎日、一日生きたらいいの、あとのことは考えない」と、屈託なく話す。

 

 それぞれ抱えている憂いは違うけれど、自分で打破するしかない。

60代の女3人、たくましく生きている様が見てとれる。

互いの近況報告に、胸を打たれ、泣いたり、笑ったりの

ややこしい時を過ごした。

 

心の洗濯をした気分である。

秘密めいたこの倶楽部が今日の会話にふさわしい場所に思えた。

 

今週のお題ナイショの話あのねのね?」