読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さながら「カウンセリング・ルーム」

f:id:mursakisikibu:20140212083727j:plain

 

狭い、寒い、暗い!の、3拍子揃ったわが仕事部屋。

かつて娘が使っていた7,5畳ほどの洋間は、玄関先の北側に面しており、

温かいリビングから移動するたびにゾクッとするほど、ひんやりしている。

 

おまけに窓が小さいから昼間でも灯りをつけないといけない。

部屋が狭い分、ストーブですぐに暖かくなり、夏のあいだは近くの川面から

冷たい風が入ってきて涼しいなどの一長一短は、ある。

 

「ここで昼寝したら気持ちいいだろうなぁ」と、訪問者がいうほど

居心地はいいらしい。

小さな部屋は、ありがたいことに「オフィス」として成り立っている。

 

 

 f:id:mursakisikibu:20140212083712j:plain

2段ベッドで作った長椅子。亡き夫の作品^^

 

 

「1週間、会わないと話すことがたくさんあって~~」と

部屋に入るや、待ち構えたように話し出す人。

「ああ~眠たい、ゆうべ眠れなくてしんどいですわぁ」

だるい感じで椅子に座る人。

 

パソコンを広げ、描きだすまで半時間を要する人もいて

それぞれが、至近におきた出来ごとや抱えている憂いを吐きだす。

マンツーマンだから「1対1」の交流ができる。

 

わたしは人の話を聴くのが好きだ。

気がつくと、一緒に憤りを感じたり、喜んだりしている。

それぞれ他とは違う自分。

こちらも相手から学ぶこと多しで元気をいただく。

30代から70代までの人との関わりのなかでは

深い「人間学」を見出している感がある。

それぞれが人生の主役であり、役者だ。

 

わずかな空間のなかに、凝縮された人間関係が構築され

淹れたての紅茶とあり合わせの菓子でもてなす、へんな教室でもある。

さながら、カウンセリング・ルームのようだ。

 

そのことが幸いして、未熟なわたしの処に皆さん

通ってきてくれているのかなぁ。

「狭い、寒い、暗い」部屋も役立っている。

 

 

f:id:mursakisikibu:20140212083656j:plain

絵は、ギリシャの海岸で描いていた老人から買ったもの。

蒼い海と白い岸壁と家々、そして停泊する船。

いかにもミコノスらしい。

100ユーロ、胡瓜のおまけつき^^

額に入れずに幾歳月・・・ごめんなさい。