読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんちゃな批評家

家族

f:id:mursakisikibu:20140213213129j:plain

 

 

まったく、何でもはっきりモノを言う奴らだ。

エンリョというものを知らない。

5歳や7歳で「自己主張」するのだ。

ときに、ムムム・・・と反撃したくなるのだが。

 

すったもんだのバレーボールを辞めたあと、娘は

さっさと次なるチームに入り、練習に行くことになった。

「孫守り」が再開され、久しぶりに孫3人の「御一行様」が、やってきた。

 

「ついでにご飯も食べさせてやって~~」と、甘えたことを言うので

(ま、甘いばぁばもこちらから提言)夕食を、作って待った。

 

あり合わせしかない。

「鶏のから揚げ」が好きだから、それに決めた。

付け合わせに「パスタと玉子のマヨネーズサラダ」

めったにマヨネーズを使わないが、たまにはいいか。

お好み焼きなどをするときに使うから置いている。

 

パスタサラダには薄くスライスしたセロリとリンゴが入っている。

ばぁばの好きな取り合わせである。

残り物の「ほうれん草のおひたし」と「大根の味噌汁」だ。

質素だがチビたちには充分だろう。

大人の男が居るわけでなし。

 

2歳になるチビスケは、パスタのサラダを見て「めん!めん!」大喜び。

麺類が好きなようだ。

でもうどんではないから、どうだろう?

器用にフォークを繰り、から揚げの小さく切ったのと一緒に口に運んでいた。

この子はいつも黙ってモグモグとおいしそうに食べる。

ほんとうにいい子だ。

 

上ふたりは、というと・・・

「パスタのサラダは、嫌い~~」

「お味噌汁はママのが、おいしい~~」

 

そしてママが加勢する。

 

「そりゃぁそうよ。こんな小さい子にセロリなんて酷よ~」

「わたしも小さいころ、お父さんによく強制されたわぁ」

「それにハムが入ってないと子どもは食べないわよ~」

 

最近のハムなど何が入っているか、わかったもんじゃない。

ばぁばは、カッコつけるわけではないが、生ハム以外は買わないようしている。

歳を喰うと量より質なのだ。

その生ハムを切らしていた。

サラダに入れるのは、どちらにしても、もったいない。

 

そんなに文句ばっかり言うのだったら、夕食は作ってやらないぞ。

内心、へそを曲げかけていると

「でも、から揚げは、ばぁばのがずっとずっとおいしい~」

「うん、ほんまにおいしい~」

7歳と5歳が付け足すのを忘れない。

まったく、世渡り上手な二人だ。

 

ママが出かけたあと、7歳はわが家に来るとゲームに熱中する。

家では時間管理されているから、嬉しいのだろう。

5歳のかえでに、パソコンのなかの「本人の絵」をみせた。

 

ばぁば:「どう思う?かえでちゃんよ~」

かえで:「目がこわぁい!」

確かに、ぷいと膨れて反骨精神旺盛なときの目だ。

ちょっときつい顔になっている。

 

かえで:「かえでちゃんに似てなぁい~」

「でも赤いセーターのボタンのところは好き」

 

なるほど・・・

ばぁばも襟元のボタンやロゴのところは、リアルに描いた。

ふ~ん。

小さいながら、好きなところや嫌いなところは感じるのか。

おしゃれ心もあるようだ。

しかし、なかなか手厳しい。

そういえば、3歳ごろに描いた彼女の絵も不評だった。

「かっちゃん、そんなにブサイクじゃないもん!」

やれやれ・・・

 

どういうわけか彼女の絵はいつも「拗ねている顔」が多い。

にっこり笑っている表情の写真がないのだ。

たまにカメラを向けると、わざとおどけてヘンなポーズと

表情をするし・・・。

 

 

最後に、最近描いた「ソウスケを抱っこしている絵」を見せた。

即、却下!

「ぜ~んぜん、似てな~い!、可愛くない~」だと。

「絵のなかの小さい絵の方は似てるぅ」だって。

的を射ているようだが、さんざんな酷評のされ方だ。

正直でよろしい。

まったく、きょうびのチビは、よく言ってくれるよ。

 

でも、あれは嫌い、これは好きと

食べものの好き嫌いは早く直してよ。

わかりましたか!