読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砺波公園チューリップタワー

 

f:id:mursakisikibu:20140409061806j:plain

 

 

桜便りが聞かれ、華吹雪が舞い、葉桜になるころ、

可愛いチューリップのお出ましだ。

子どものころのチューリップと言えば「あか、しろ、きいろ・・・」が定番。

単純で花の色も少なかったが、今や紫や、渋い紺など豪華なバラのような

目にも艶やかな色彩に驚く。

花びらもすらりとした一重から、フリルのついたドレスのような

エレガントなものまで多彩だ。

 

春はチューリップ!

ということで心浮き立つチューリップを描いて見た。

 

富山県砺波市にある砺波公園チューリップタワーである。

こちらには行ったことがなくて、師の教材を基に描いて見た。

たくさんのチューリップを遠近で描く、というのは難しい。

でも1本、1本のチューリップを童心に戻って楽しんで、描いた。

 

ちなみに花ことばは色によって違うそうだが「愛」が基本らしい。

 

砺波公園チューリップタワー

http://www.tulipfair.or.jp/fair/album2013.html

 

 

 

清楚にして妖艶なわたしを見て・・・ - ふたりでお茶を

チューリップ画像をおたのしみください。