読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おチビさんたちのおしゃれ心?

家族

 f:id:mursakisikibu:20140419111054j:plain

 

幼稚園の年長さんになった5歳女児の孫っち。

ニコニコと、きげん良く新入園児の面倒をみているようである。

案外に世話好きであるらしい。

家でも2歳の弟とよく遊んでやり、おネエらしさを発揮しているが

たまに本気でケンカをして負け、泣くときも・・・

 

 相変わらず、反抗期真っただ中のような、拗ね子ちゃんでもある。

そんな拗ね子ちゃんのいまの関心は「けしょうひん」だ。

ママにおもちゃの「ケショウヒンセット」を買ってもらい、遊ぶのが何より楽しい。

最近は、木製の「ケショウスイ」だの「クリーム」だのがあり、

ばぁばが訪れると、嬉しそうにばぁばの顔にパタパタと押しつけてくる。

 

おまけに髪までいじくる。

毎朝、幼稚園に行く前にママに髪をすいてもらい

ポニーテールにしたり編み込みをしてもらっているから

自分もやってみたいのだろう。

髪のスソをまとめようとしてみたり、ブラシをあてたり、熱心である。

 

 2歳のチビスケも生意気に同じように、クリームの形をしたおもちゃを

持ってきては、ばぁばの顔をなでつける。

 

 ばぁばは、モデルで忙しい^^

 

あるとき、チビさんたちがわが家で遊んでいるとき5歳児は、

ばぁばの鏡の前にくっついている。

何をしているのかと声をかけると振り向いた顔に仰天!

本物の口紅をつけているではないか!

ひゃぁ~~~

 

 スティック状の小さいブラシを唇に、はみ出さんばかりに

塗りたくっている顔は、まるで人食いのようだ!

「ばぁば、きれい?」

はにかんで5歳が聞く。

「ばぁばも塗ってあげる~~~」

「ひゃぁ,やめてちょうだい~~」

 

幸い、わが口紅は、子どもが口に入れても大丈夫な紅花素材だから安心だけど

どこまでエスカレートするやら・・・

 

 そうかと思うと2歳のチビスケも、おとなしく仏壇の前で遊んでおり

「なにしてんの~~~?」と声をかけ、振り向いた顔に、またもギョッ!

なんと口がまっ黒け!ではないか。

いったい何をしたっ?・・・

どうやら、彼の腰の高さにあるローソク立ての台にある

マッチの吸い殻をみつけ、唇に塗ったようなのだ。

マッチ棒を口紅のスティックに見立てている。

「ひぇ~~っ!」

 

慌てて、マッチの吸い殻を取り上げ、口を拭いてやるも、おかしくて

吹き出してしまう。

「まったく、何でもよく見ているなぁ」

ヘンなところで感心している場合じゃない。

ママに知れたら怒られるワ・・・

 

 5歳は、ばぁばのネックレスをあれこれ引っ張り出しては、胸に当てて喜んでいる。

めざとく、同じように2歳が真似をしてどこからか持ち出し

ニコニコと首にかけようとする。

 

「あぶないからやめようね~」

ばぁばは慌てて取り上げて、仕舞う。

本当は遊びに使われたらモッタイナイ代物・・・(――〆)

まだまだ、ばぁばには必需品なのだ。

 

 5歳も2歳も好奇心いっぱいだ。