読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ち~ず♪

家族

 

f:id:mursakisikibu:20140502070643j:plain

 

まったく、最近のソウスケ(2)ときたら、カメラに

異様な執着心を持つようになった。

娘んちで、彼ら団子3兄弟を映そうとデジカメを構えるや

走ってばぁばの傍に来て、カメラを取り上げようとする。

その取り上げ方がすさまじい。

 

 デジカメは旧い。

6年ほど前の誕生日に娘夫婦から贈られたものだ。

本当は最新のが欲しいのだが、ぢっと我慢している。

旧いコンデジだが、まだ仕える代物だ。

チビたちのおもちゃにさせたくない。

 

 生まれた時から映像や音楽などに親しんでいる彼らは

ビデオの操作や、テレビゲームの繰り方も覚えるのが早い。

カメラを向けると、ニッと口を真横に結び

指を二本立てて、にんまりポーズを取る。

みんな同じポーズだ。

おもしろくない。

 

f:id:mursakisikibu:20140502070131j:plain

本舗初公開!チビたち3人。

日本一長い滑り台のある公園でママがスマホでパチリ。

(ひょっとしてママに怒られるかも・・・アップを)

 

 そしてシャッターを切ったあと、必ず寄ってきてカメラを覗きこむ。

どんな風に映ったのか確認したいのだ。

「いちいち寄って来るなぁ~~~」

 

 ばぁばの大事だからと、貸さないでいると・・・

眉をへの字に曲げて、鼻水も垂らさんばかりに大泣きに出る(泣きまねか・・)

彼の常套手段だ。

いつもこの手で自分の意思を通そうとする。

粘り強さにかけては上ふたりに勝っている。

ダメ!と言うと、兄も妹もすんなり引き下がったように思うが

3番目だけは通用しない。

 

 観念してカメラを渡すと、嬉しそうに距離をとり

丸いもっこりした手にカメラを構える。

オンになっていようがオフであろうが、お構いなしだ。

にこにことレンズを覗くと、「はい、ち~ずっ」

覚えたての言葉を発し、シャッターを押す(真似をする・・)

 

 そして、生意気にもどんなふうに映っているか確認したいのだろう。

狭い距離をカメラを持って走り、見せてくれと要求するのだ。

当然、映っていない・・・

「あれっ、映ってないなぁ~」と、とぼけるが、

やっぱり可哀そうだからと、オンにしてチビスケに渡すところが

ばぁばの甘いところだ。

 

 走って所定の?場所に行くと、またもニコニコと「はい、ち~ずっ」

チビスケの処世術たるや、並みではない。

 

 かくして、彼は「映されるひと」から「映す人」になり

たいそう、ごきげんがよろしい。