読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっけー♪

家族

f:id:mursakisikibu:20140508080027j:plain

 

 娘んちへの、孫守り稼業は続いている。

寒い時期、車で迎えに来てもらっていたが

最近は気候もいいし、歩くなどして、ひとりで行くのがいい。

片道30分ほどの距離は、道端の花をみて歩くのが楽しいからだ。

 

 「ばぁばぁ、いまどこぉ~~~?」

途中、7歳から電話が入る。

「もう、潤平んちの近くだからもうすぐよ~」答えると

「待ってまぁす♪」

みやげも持たないばぁばの、訪問を待ち焦がれてくれるのもいつまでか・・・

 

 玄関に入ると、縦一列に並んだ3人が、片手をお腹の前に曲げ、腰を折って

「いらっしゃいませぇ~どおぞぅ~~」と、出迎えてくれる。

まるでホテルやレストランのボーイのようではないか。

一番下のチビスケまでが、同じように腕を廻し、腰を折るのに

おかしくて、頬が緩んでしまう。

まったくどこで仕入れてきたのかしらん。

 

 「トランプしよう」

「いや、ゲームがいい」

7歳と5歳が、リビングで一服する間もなく、遊びにいざなう。

2歳のチビスケは黙って、ばぁばの手を取り、ひっぱると

彼らの遊び部屋と連れていく。

なかなかの交渉人?だ。

 

 足の踏み場もないほど散らかった部屋で、お気に入りの戦車やミニカーが

入ったボックスを指さし、出してくれとねだる。

引っ張り出すと、嬉しそうに床にころがす。

 

ばぁばにも同じようにせよ!とのお達しだから、指でつまんでホイと転がす。

あれ~~うまく進まない・・・

「ちゃう、ちゃう!」

大阪弁のカタコトで2歳のオトガメが入る。

 

あれ~~ばぁばは、またも挑戦だ。

今度はすっと勢いよく前に進んだ!

「オッケー♪」

ようやく、カントクさんのお許しが出た。

 

 たまに7歳の漢字の書き取りにつきあわされる。

小学2年生の彼は、書くことが楽しくてならない。

覚えたて漢字を次々と披露しては、一緒に書こう!と、

ばぁばにもノートを渡される。

そして教官よろしく添削をするのだ。

 

 一字、ひと文字、文字の形がおかしくないか、きちんとハネているか。

チェックが入る。

「ばぁばの字、きれいやなぁ」7歳が褒めてくれる^^

「そりゃぁ、そうよ。ばぁばは元プロだったもんね~」

ママが、すかさず言うが、本人はもちろん知らない。

 

 ふだんは頓着なく汚い字を書くばぁばだが、マス目には

きちんと文字を埋める習慣がついている。

広告宣伝で長いこと、これでご飯を食べていたから

活字体のような文字をつい、書いてしまう。

 

 まったく、この歳になって孫に文字をチェックされるとは・・。

 

一緒に遊ぶ、食べる、戯れる。

小さな触れ合いが、ずっと彼らの思い出に残ってくれたらいいなぁ。

週一稼業は、当分続きそうである。

 

 それにしてもママとチビスケの「パンツ」の攻防が続いている。

いまトイレのトレーニング中の彼に、アンパンマンなどの

キャラクターの可愛いパンツを穿かそうと、ママは一生懸命だ。

しかし足をぴちっと閉じて、ぜったい穿こうとしない。

紙おむつよりよほど、いいのに、なぜか。

チビスケよ、早くニコニコとオッケーしなさいよ♪