読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自虐的・・・

生き方・人

 

f:id:mursakisikibu:20140515064236j:plain

 

先週の日曜日は、シニア・ナビサークル「ララ・ハイキング」に

参加させていただき、薫風香る「水間寺」界隈を歩いた。

そして、幹事さんの出品する作品展も拝見することができ

ひと粒で2度おいしい、素敵なウォーキングを愉しんだ。

距離的にはそう遠くもなく、心地よい運動になり、足と脳が喜んでいる感じだ。

 

 しかし・・・

この日は、また人さまには言えない精神のお土産があるのだ。

恥をしのんで披露しよう。

 

 ウォーキングの集合場所へは、わが家から近い。

他の京阪神居住のメンバーは、片道2時間ほどを要する人もいる。

わが家はバスと電車を乗り継いでも、30分ほどで行けるから、ありがたい。

 

遠くない場所でも、初対面の方が半数を占めている。

やや緊張して臨み、1時間前に着いた(早すぎだけど・・)

お誘いした友人とは、毎週会っているにも関わらず、話が尽きない。

駅前の喫茶店でおしゃべりと珈琲を楽しみ、時間になり集合場所に行くと・・・

 

あれ?

だれもいない!

 

 おかしいなぁ、幹事さんはもう駅に着いているはずだし

確かにこの駅に間違いないし、主たるメンバーにも確認している。

それにしてもジャストになっても誰もいない!ということは考えられない。

 

 慌てて、電話で連絡を取ると・・・・

「東改札口」を「東口」と勘違いしていたことがわかった!

なんということか!

急いで階段を駆け上がり、改札口へ行くと全員揃っていた。

 

 きゃぁ~~~すみませ~ん!

まったく日ごろの行いが露呈するものというものだ・・・(――〆)

 

 人を待たせたり、待つことが嫌いなわたしは、大ざっぱな性格のわりには、

小心なところもあり、約束の時間には遅れたことがない。

早めに着くように段取りし、余裕を持って出かけるほうである。

なのに、最後のところで、失敗する。

まぁ、今回は待たせるほどでもなく、早く気がついたからいいようなものの

まったく、穴があったら入りたい心境だった。

よくもまぁ、こんなしようもないことをやらかすものだ、と自分でも呆れている。

 

 今回誘った友人とは、昨年金沢にも一緒に出かけている。

そして「チョンボ」しているのである。

思い出すだに赤面ものだが・・・

 

 そのときも始発の金沢行き「サンダーバード」に乗ろうと思い

大阪駅にその時間に間に合うよう着いた。

夏だから早朝は涼しいし、朝一番でも苦にならない。

そしておしゃべりしながら、余裕を持って電車を待った。

 

が、いつまでたっても来ない!

え?

そんなはずはないと、時刻を確認すると何と1時間間違えていた。

1時間、早い時刻にすり替わっていたようなのだ。

どうしてなのか、わからない。

わたしにとっては、ミステリーだ。

 

最近は脳が崩れ、構造がこのようになっているのだろうか。

ほんとにマジで落ち込んだ・・・。

「まぁ、1時間遅れるよりマシよ~たくさんお話しできて嬉しいわぁ」

友人は慰めてくれるが、こちらとしては、やっぱり恥ずかしい。

そして朝の1時間は貴重だ!

 

 「叩けば埃がでる」とは、よく聞く。

わたしなど埃どころか、このようなドジ話には事欠かない。

自嘲と自戒を込めて暴露するが、叩けばいくらでも出てくる・・・

 

でも冒頭の「ララ・ハイキング」は、心に残る一日だった。

お世話になりました,ありがとう、皆さま。