読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの書かざるは、腹ふくるる如し

 号外かわら版、第一号!

まったく、しばらくブログをお休みします、と

宣言したばかりなのに、このていたらくだ。

 

    f:id:mursakisikibu:20140622071607j:plain

先日、休眠宣言をしたときにブログ友の大先輩、自称「書き病」の

パトラッシュさんから、ほんとにほんとに正鵠を射たコメをいただいた。

まことに、わたしめの心中をぴたっと読まれている。

さっそく座布団10枚と、歌丸師匠さんに特別のご褒美を申請し

差し上げる予定だ。

 

あまりに楽しい「小噺しコメント」なので了承なしに披露させていただく。

ごめんなさい、パトさん。

以下・・・

「てえへんだ。秋さんのところが店仕舞いするらしい」
「あわてるな。ちーと、休むだけだ」
「ちーとだろうが、あそこが閉まっちまうと、さびしくっていけねえ」
「なーに、すぐまた開く」

「どうしてわかるんで?」
「そりゃお前、サガってやつよ。病気みたいなもんさ」
「あの頑健な、秋さんが?」
「厄介な病気でな、その名を『書き病』という。そうじゃない、背中を掻いてどうする。
文を書くんだ」

「やけに、自信満々だね」
「わしも同病だ。だからわかる。もの書かざるは、腹ふくるる如し・・・って言ってな」
「何時になりますか? あの人が、腹のふくれに、耐えかねる日は」
「持って、二週間だろう・・・」

「やけに、きっぱり言うね」
「ああ、賭けてもいい」

という訳で、私は、熊のやつに、うな重を奢る約束をしました。
逆目が出たら、熊のやつは、私を寿司屋に連れて行くそうです。
(ぐるぐる回る方ですが)

 

 

ということで長年の習性か、業か・・・

腹のふくれに耐えかねる日は、半月も持ちそうにない。

パトさん、熊さんにくるくる寿司をたっぷり奢ってもらってください^^

いや、うな重をおごるはめになっちまったかな。

 

雨の日はブログでも書こう、という心境である。

ほんとは毎日でも、だらだらと駄文を連ねたい。

でもたまには、少し「仕事」をしているから年に一度ぐらいは

そのことに集中しなければ・・・とのジレンマがある。

 

それにしても同病のパトさん、痒いところを掻いてくれるなぁ。

どうするダ・・・。

ああ~悩ましい。

3日はあまりに早い^^

もう少し耐えねば・・・

「書き病」の深度はなかなか深い。