読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏が来ると思いだすのは

生き方・人

 

 f:id:mursakisikibu:20140708042638j:plain

 

尾瀬の水芭蕉だけではない。

 

 この季節になると、素足に履く草鞋が恋しくなる。

今年も、引っ張り出した。

はき心地満点の、布で編んだ素敵な手作り草鞋は、

ナビのメンバーにいただいたもの。

履くたびに、彼女の麗しい大きな瞳を思い出す。

そして、かつてのサークルで愉しんだ旅のことを・・・。

f:id:mursakisikibu:20140708042653j:plain

2010年の3月ごろから、2013年の秋ごろまで、わたしは

「シニア・ナビ」というサイトに「おしゃれさろん」という

女性限定のサークルを主宰していた。

メンバーは全国に点在する、かつてのうら若き文学少女

おしゃれウーマンが、勢ぞろいして、掲示板などでの

おしゃべりや、自分磨きを愉しんでいた。

 

親睦を主とする会の一番の目玉は、一泊の旅である。

半年に1回開催するオフ会には、関西、関東ともに

メンバーが仕事などの調整をして集ってくれ、思い出深いオフ会になった。

いま思い出しても笑みがこぼれ、楽しかったなぁと主催者である

わたしは、悦に入る。

 

諸行無常」すべてのものごとは、絶えず変化する・・が

如く、今は形跡もないサークルだが、ふっとかつてのメンバーを

懐かしむことがある。

 

寝食をともにするとメンバー間の距離がぐっと近くなる。

ブログなどでの交流では見えない素顔に会え、親しみが増す。

女性が夜お酒が入り、深夜のおしゃべりに興じると

オフレコの話題で盛り上がるのは常だが「雨夜の品定め」のように

当時の男性メンバーを俎上にあげたこともあった。

 

そのころ、ブログのなかで上位のランキングにいた

「西の理学博士」や、「東の詩人」そして、いつもひょうきんで

楽しい「温泉野郎」さんなど、数えれあげると10指にのぼる。

ブログ上で活発なジョークや真剣な議論ありで、熱い交流が盛んだった。

とても中身の濃い記事を書いていて、開眼することしきりだったが

今は、かつてほどの熱い行き来は、なくなり残念に思う。

でも忘れることはない。

 

俎上に上がったひとりに、ある女性メンバーが関心を示し、その後

彼女は恋心を抱き、ついに二人は週末婚というゴールにたどり着いたのである。

彼女には水面下でエールを送りながらも、「彼はおんな好きだから気をつけて~」

などと、よけいなお節介のアドバイスも忘れなかった^^

 

「おしゃれさろん」が縁で、ふたりは結ばれたようなものだ。

サークルがキューピッドの役目を果たしたことになる。

人間の縁なんてどこに転がっているか、わからない。

そして、ふたりには感謝されたものである。

(ほんとかな・・・)

 晩年に向かう途中で、ラブラブの出会いがあるなんて素敵なこと。

 

感触の良い草鞋を履くたびに、贈ってくれた主を思い出す。

いまは、会うこともなくすっかり疎遠になってしまった

メンバーのことも時折、思い出す。

 

諸行無常・・・すべては変化する。

このことをかみしめているところである。

よろしかったら過去記事をごらんください^^

 

やっぱり「愛と感動のドラマ」箱根オフ - ふたりでお茶を

笑いと、ちょっぴりの涙と・・・ - ふたりでお茶を

  ありがとうふたりでお茶を