読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80歳の挑戦

 

f:id:mursakisikibu:20140711171809j:plain

 

汗を玉のようにしたらせ、彼女は、やってきた。

ノートぱそこんをリュックに背負って。

 

彼女の家は、散歩道の川沿いにあり、わが家から7,8分の距離だ。

「近いから大丈夫ですよ~」

ニコニコしながら、それでもお茶を持って来るのは重たいから

冷たいお茶だけごちそうしてください、と

できるだけ荷を軽くして、来られる。

年齢を重ねると水筒ひとつでもだんだんと負担になるものである。

えらいなぁと思う。

 

数年前まで文字入力の基本から、ワードで文書作成、

年賀状作りなどを愉しんでいたが、体の不調からしばらくお休されていた。

 

「いっそのこと、リンゴやお花の絵を描いて遊びませんか?」

「ワードでいろいろ覚えるのも楽しいですが、絵具で色を使うと

からだが喜びます、どうですか?」とパソコン水彩画を進めると

「わたしでもできますかぁ~~」と興味を示してくれ

パソコン画に転向(?)したのはつい最近のことだ。

 

これから暑さに向かう時期にやる気満々で、その心意気に惚れ

個人レッスンを引き受けた。

 

ひとコマ1時間45分のレッスンだけれど、半分ぐらいの時間を

彼女は、おしゃべりに費やす。

夫さんが施設に入ってからひとり暮らしになり

誰かと話をしたくて、たまらない。

かといって、だれでもOKというわけではなく、

亡き義母の知人だった彼女は、わたしに全幅の信頼を寄せてくれている。

たまにしかお会いしないけれどお付き合いは40年近くになる。

 

汗をふきながら、前回までのレッスンの復習に入る前に

ゆっくりさせてくださいねぇ~~~と彼女。

 

「はい、この時間はすべて自由にお使いください。居眠りしても

おしゃべりしても、ねそべってもOKですよ~」

さながらカウンセリングルームのような体をなしている。

 

ゆっくり、じっくり、急がなくていいから、好きなモノを

1枚ずつ、描いていきましょう。

絵手紙もいいし、さっそく描いたものを印刷しましょう。

 

慣れない手つきでペンタブレットを動かしながら

童心に帰ったように、パレットで色を作っている。

 

80歳からの挑戦・・・

ぜんぜん遅くはないですよ~。

こころとからだが喜ぶこと、しましょう。

心からの声援を送っているところである。