読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと危機意識を・・・

社会事象

f:id:mursakisikibu:20140712204805j:plain

 

駅のホームで電車を待っていると、向かい側のホームに、

制服を着た車掌らしきひとが線路に飛び降り、

何かを探しているのが目に付いた。

 

人が少ないので行動が手に取るようにわかる。

危ないなぁ・・・

どうしたのだろうかと、様子を伺っていると

何やら、探し物はあったらしく、ひょいとホームの上に

上がると、近くにいたのっぽの人に渡している。

 

のっぽの人は、髪も長くスリムなので、女性かと思っていたら男性だった。

彼は、恐縮するように頭を下げると、車掌から何かを手渡され、

何事もなかったかのように、歩きながら

下をむいて何かに熱中するように、ホームを歩いていた。

そして居合わせた電車に乗ると、制服を着た電鉄会社の男性も、同じ

電車の運転室に入って行った。

なんと、急行待ちの運転士さんだったのだ。

 

ホームに常駐する車掌も少なく、運転士が降りて

ことの解決を図ったのだろうが、大変だなぁと感じ、

また、なんと迷惑な話だろうと、怒りすら覚えた。

 

そう、車掌さんが線路に降りて探していたものは、スマホだったのだ。

のっぽさんが、ホームぎりぎりのところで操作していて、落としたもののようだ。

いまや、ながらスマホが蔓延し、幾多のひとが命を落としていることか。

幸い事故に遭わずに済んだけれど、一歩間違えば大事故になりかねない。

このような危機意識のない、のんべんだらりとした人間が

どんどん増えている感がある。

 

ながらスマホに限らず、駅のホームでの事故は後を絶たない。

先日も若い妊婦さんが電車と接触し、赤ちゃんともども命を落とされた。

気分が悪くなり、ホームに倒れこんだことによる事故のようだが

可哀そうで、無念でならない。

 

尊い命を犠牲にされた方のご冥福を祈るばかりだが、

もう少し白線の内側に立っていたなら・・・と残念に思う。

 

普通に歩いているだけで天から車が降ってきたり、突っ込まれたりの

恐ろしい時代だ。

 

危機意識に関しては、何度も記事にしている。

 

小さな油断が、重大な過失につながることを肝に銘じ

自らの命と他の危険から身を守ってほしいと願う。