読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きれいな指先も・・・

f:id:mursakisikibu:20140728104804j:plain

 

友人が先日、ペディキュアを施し、指先の美しさが際立っていた。

「甥っ子の結婚式に招かれて、最近は、めったにしないのだけど、

娘がやってくれたのよ」と、まんざらでもない様子。

細長く整えられた爪に、サーモンピンクとピンクの可愛い花をあしらった

キュートととも、言える爪のアートに

いくつになってもおしゃれこころは、持っていたい、そう思った。

しかし・・・

 

きれいにネイルされた爪のアートは、娘さんによると

「他の人にも同じように手がけたのに、他のひとのは、

剥げてみんなボロボロよ」という。

友人の爪は1週間経っても、見事なままだ。

その差は、何なのかと言うと、二人が指摘しているように

台所の洗剤ではないかと、わたしも単純にそう感じた。

 

最近のキッチン洗剤は、合成界面活性剤の濃度が高い。

30~40%という数値は大変なものだ。

 

洗剤に限らず、鉱物油を使った化粧品や、日用品は身近に氾濫しており

特に洗濯洗剤も含めキッチン洗剤は使用頻度が高い。

できることなら、界面活性剤入りを避けたいものだが

比較的、若い年代層にはその意識が薄いようだ。

意識もさることながら、石油を使った製品のほうが、天然素材より安い。

 

最近のCMでも、除菌するのに、たっぷりスポンジに

洗剤をすりこませる・・・ことを平気で謳っている。

あのきつい洗剤をスポンジに含ませたあと、食器や鍋、そして

人間の手、身体はどうなるのか考えたことがあるひとは

どれだけいるだろう。

 

目には見えないけれど、毒物は瞬時に体内を駆け巡り

のちに皮膚障害や、肝機能障害を引き起こす。

人間のからだは、口を通して入ってくる異物や毒物は、脳がキャッチして

吐き出させたりして守ろうとする。

そして肝臓で30%ほど、ろ過される。

けれど皮膚を通して入った毒物は、肝臓を通らず、直接体内に

侵入し、解毒作用がないからより深刻である。

 

洗剤ひとつとっても、製造元や販売もとは、消費者の身体のことなど

念頭になく、これでもかと、華やかな宣伝を繰り広げ、煮沸消毒や日光消毒

を面倒がる消費者をいざなう。

 

きれいな指先のネイルに話を戻そう。

わたしも40代後半ぐらいまで、毎日のようにネイルのおしゃれはしていた。

しかし、年々爪が白っぽくなり痛んでくるのがわかり、やめた。

鉱物油でできた化粧品などと同じく、それらは皮膚呼吸を妨げ

ひいては、身体の外に排出することなく蓄積され、がんや

アルツハイマーなどの一要因となり得るのだそうだ。

 

食生活と同じレベルで、日用品や化粧品の成分表示などには

こだわりたい。

 

経皮毒が脳をダメにする」竹内久米司著書を10年ほど前に読み

いっそう、その怖さを知り、ネイルひとつにも、考えるようになった。

 

f:id:mursakisikibu:20140728115402j:plain

 

短く切った爪に、ぽっちゃりとした指。

シミとシワが増え、美しいとは言えない、わたしの手。

でも鉱物油を使った製品は一切排除している。

 

いつも思う。

何が自分にとって大事で、そうではないかを見極める目を持つこと。

そして、選択の重要性を。