読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ~気持ちがいいな♪♪

健康・医療

f:id:mursakisikibu:20140804065438j:plain

 

蒸し暑い夕方、知人宅を訪れた。

日中の外出なんて道路の照り返しが恐ろしく、できない。

用があるときは、日が陰ったころを見計らって出かけることにしている。

知人も多忙なひとだ。

次の来客を控えていることを承知で訪問したから、

進めるのも断って、玄関先で用を済ませることにした。

 

彼女の家は、古い。

玄関のタタキに続く2畳の和室に花が生けてあり、旅館のような趣を

感じさせる。

築何十年になるのだろう。

敷地も門から、うっそうとした庭が続いており、300坪ほどあるという。

もちろん一軒家であり、同じ敷地のなかに三軒、古い家屋を抱えている。

あとの二軒は、いま誰も住んでいない。

犬を2匹、庭に放している。

実の父母が相次いで亡くなり、息子が別棟に住んでいたのだが

彼も家を出て、いない。

一人娘も海外に住み、日本に帰ってこの地で一緒に住むことは

ないという。

 

土地建物を相続したものの、土地を一部売却してしまわないと、

管理できないと、嘆く。

 

駅から数分の距離で、最近沿線の駅に急行が停まるように

なったから、土地は心配しなくても売れるだろうが

このだだっ広い家に一人は、やはり何かと心細いだろう。

 

玄関かまちに腰かけて話していると、彼女が氷を浮かべたボールに

アロマの製油を1,2滴落として、手や首を拭いて、と言って差しだした。

精油は、ラベンダーとペパーミントである。

さわやかな甘い香りと、冷たいタオルの感触で、汗がしゅ~と引く。

すごく気持ちがいい!!

氷に浸したタオルを使うと、もう天にも昇る気分だ。

天に昇ったことはないけれど、おそらく見心地な気分は

こういうことを言うのだろう。

アロマの作用もあり、ぜいたくな涼み方である。

 

「お客さんには、いつもこうしてひと息ついてもらっているのよ」

夏のあいだ、このようなもてなしを受けていたことを忘れていた。

彼女は、この古い屋敷や、日本家屋の風情を活かして

自宅で「アロマサロン」を開業している。

わたしは、髪を染めるヘナを求めに来たのだが、まとめて買うし

2か月に一度のペースで染めるから、そう頻繁に訪れることもない。

 

アロマの精油の入った氷水は、なかなか今の季節、頼もしい。

わが家も来客があるたびに、そして気分が乗るとラベンダーの

ミストを玄関や、部屋に散らす。

つい最近まで、シニア・ナビのサークルでウォークに参加したとき

「ハーブ」さんに頂いたラベンダーがあった。

こちらも手作りなので混ざり物がない。

純粋にラベンダーから抽出したもので、大事に使っていた。

部屋が清涼な空気に包まれ、来客には好評である。

 

f:id:mursakisikibu:20140804065250j:plain

 アロマポットは、もう20年も使い込んでいる。

知人が焼いてくれたものだ。

 

話しついでにペパーミントをひと瓶、求めた。

純度の高い精油だから香りの素晴らしいこと!

アロマも、デパートなどでも扱っており、最近は認知症予防に

効果があるとかで、急に脚光を浴び出した。

でも、中身はピン切りである。

人工の香りを混ぜたものも少なくないので、求めるときは

注意が必要だと、知人が教えてくれる。

 

寝苦しい夜、タオルに沁みこませたぺバーミントの香りに

包まれ、眠ることのしあわせを感じている。