読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっはぁ~~♪

f:id:mursakisikibu:20140826070642j:plain

 8ヶ月ごろのソウスケ

 

 

わが家のチビスケ(2歳)が、ばぁばのお尻をタッチしては

「おじりぃ~おじりぃ♪」と、はやし立てる。

今は、もう飽きたのか少なくなったが

丸い顔を、さらに丸くして嬉しそうに言うのだった。

一番先に覚えた言葉のようにも思う。

 

「なぬっ、ばぁばさまのお尻をタッチするとは、100年早~い!」

「何ぞこの子は色情でもあるんかいな」と、本気で心配したものである。

 

さにあらず。

 テレビの影響だと気がついたのは最近のことだ。

NHKBS2で「お尻かじり虫」という幼児番組がある。

子ども向けだから、他愛のない内容なのだが、そのなかで

なぜか、お尻をかじらせている。

そのあたりが、2歳たちには受けるのだろう。

キャっ、キャッ、アハハハ!と笑いを誘っている。

なるほど・・・

色情でなくて、良かった。

ばぁばは、胸をなでおろす。

 

f:id:mursakisikibu:20140826070734j:plain

彼らの家に行くと、上ふたりにゲームなどでテレビを占領され

ときどき、チビスケが眉を八の字に寄せ、恨めしそうに、ばぁばに、言う。

「ジョー、おさるのジョーみるぅ~」

何?ジョー?

このあいだまで「ひつじのショーン」というのがお気に入りだった。

今度は、お猿さんかいな・・・

ああ~ややこしい。

 

よく知らなかったのだが「お猿のジョー」という番組が好きで

録画してあるようだ。

ママが不在で、たまに泣きべそをかくようになると

「お猿のジョー」で、気分をはぐらかしてやる。

アンパンマンも、とっくに卒業している。

 

お猿のジョーが出て、音楽が流れるや、チビスケは興奮し、喜び、

一緒に歌い、からだでリズムを取る。

 

お猿のジョーは、話すことはできない。

ナレーションだけで、物語が流れる。

優しい同居人のおじさんとジョーが繰り広げる日常だが

おじさんに時々課題を与えられ、困ることがある。

それでも人間からみると簡単な課題を、

一生懸命、頭をひねり、見事にやってのける。

そして、おじさんやまわりの人たちに褒められ、喜ばれる。

それが嬉しい。

ジョーは賢いお猿さんだ。

 

その成功していく過程がチビの心を捉えるのだろう。

共感するのだろうか。

同じように、飛び跳ねて手をたたき、称賛するかのように喜んでいる。

まったく、幼いチビの頭のなかは、どうなっているのだろう。

ばぁばは、反応しているチビを見ているほうがよほど、おもしろい。

2歳児でもこのように物語を理解し、感動し、それを伝えるのだから

大したものだ・・・・

目じりを一層下げ、ますますバカになる。

 

2歳のソウスケが、時おり発する「はっはぁ~♪」という言葉も納得できた。

お猿のジョーが、得意満々面で、発しているのだ。

はっはぁ~~~♪