読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静かな時間

家族

f:id:mursakisikibu:20140903095133j:plain

 

毎週、水曜日は娘宅へ行くか、わが家で娘んちのギャング3兄弟を預かるか、している。

娘が夜、バレーボールの練習に行くためである。

彼らの「おとっつあん」は、飲食業を営んでいるので夜は、いない。

ばぁばの出番多しである。

いまのところ、ばぁばも元気でエネルギーもあるから喜び勇んで出かけている。

 

夏休みも終わったいま、今日も夕方から彼らの家へ出向むく。

 

「これ、持って帰る?」

孫守りの報酬に夕餉を賑やかに食し、娘の作ったお惣菜、煮物などを

みやげにもらって帰る、というパターンが続いている^^

まったく、娘は産んでおくものである。

どちらが親か、子どもかわからない。

 

先週は珍しく、8歳になったジュンペイがママの練習について行き

5歳が夕食後、歯も磨かず、ころんと寝てしまった。

本寝になったのか、なかなか起きてこない。

 

さぁ、2歳のソウスケと蜜月の時間である。

こんなことは、めったにない。

いつもは、にぃにとねぇねがヤクザまがいの派手なケンカをしたり、チビスケも

わけがわからないなりに加担したりと、大層賑やかなのだ。

 

静かな夜に、ばぁばと2歳は、仲むつまじく、くっついて過ごす。

ばぁばが大きな背もたれクッションを頭に敷き、床に寝そべると同じように寝そべる。

ウトウトして何だか重たいなぁと思うと、なんと!

ソウスケは、ばぁばのお腹の上に仰向けになり、大の字になっている!

まるで親亀のお腹に小亀が乗っかっているかのように。

お腹の上で戯れ、安心して遊ぶ。

3兄弟のなかで一番ばぁばを慕っているように感じる。

 

「おかち、ほちぃ~」

むっくり起き上がると、仏壇に供えてあるお菓子を指差し、ねだる。

単語ばかりだった2歳も、少しずつ長文のような言葉を発する。

「マンマンちゃんに頂きます~言うて、もらってきて」

ばぁばが言うと、嬉しそうに小さい手を合わせ、持ってくる。

 

ブルボンの丸い形をした、黒いクッキーの袋を開け、お皿にいれてやる。

神妙に正座してひと口食べると「ど~じょお~」と、ばぁばにも差し出してくれる。

ふむ、よく気がつくようにもなったのだ。

隣の部屋で洗濯物をたたみながら、なんか喉にくっつくなぁと思いながら

モグモグしていると・・・

 

「おいちぃ?ばぁばぁ?」

口のまわりを真っ黒にした2歳が、リビングから首を伸ばして訊いてくれる。

いつのまにか、相手を気遣う気持ちを言葉にできるようになっている。

ばぁばも同じように黒い歯を見せて「ありがとう、おいしいよ」と答える。

 

幼な子の成長は、早い。

2歳の可愛い口からほとばしる宝石のような、ひと言がばぁばには、いとおしい。

 

ママも、にぃにも、まだ帰って来ない。

ねぇねは、寝相も悪く布団の上で回転しながら運動会をしている。

静かな時間は、ソウスケとの蜜月のときだ。

悪くない。