読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チビスケの反抗

家族

f:id:mursakisikibu:20140909142333j:plain

 

大雨の夕方、ギャング一行が、やってきた。

ギャングたちの親分は(ママ)アルバイト先の送別会に

出席したいらしく、孫守りをとつぜん頼んできた。

 

バレーボールの試合を翌日に控えており、ついでに泊まらせてぇと、甘えたこともいう。

「しゃあないなぁ~」

最近は、ていよく娘にこき使われている!と舌打ちしたい気持ちも

無くは、ないが、内心、悪くはない。

少しもったいをつけて、ニコニコと仏さんのような面持ちで応じた。

 

玄関先まで車をつけ、雨のなかをエントランスに入るや

「ママは?」

2歳のチビスケが訊く。

「ママはお出かけよ~」

答えると

「いやだぁ~、いやだぁ~」

珍しく大きな声で駄々をこね、一歩も動こうとしない。

 

ムムム・・・。

今日はゴキゲン悪いなぁ、

「いやだぁ~」という東京弁のような言葉を初めて聞いた!

いつ覚えたんや?

どこで仕入れた?

大粒の涙を落として、ごねるチビを前に、のんきなことを考えている。

 

5歳と8歳も弟をなだめすかし、ようやくエレベータまで引っ張っていくと

エレベーターのなかでも世界中に轟くような大きな声で泣き喚く。

まったく、こんなことは珍しい。

よほど虫の居所が悪いらしい。

 

エレベーターから、3軒を通り越し、ばぁばの玄関を見つけると勝手知ったる我が家だ。

いつも、うれしそうに「ココ!」と、得意満面で指をさし、いの一番に入ると

くつを脱ぐのも、もどかしく、奥の部屋に突進するのだが

またも、ここで足を踏ん張り、動こうとしない。

まるでワンちゃんが散歩の途中で足を踏ん張っているかのようだ。

 

「いやだぁ~いやだぁ~」

覚えたて言葉をせっせと使い、大粒の涙をこぼし、意思を表明する。

 

まったく・・・

今日からチビスケ改名、「いやだぁくん」にしようか。

それともゴンタくんにしようか。

ワンちゃんの名みたいで、ママに怒られるか・・・?

それでもゴンタの奴め、部屋に入るとさっきまでの大泣きがウソのように

ニコニコと、遊び始めた。

 

皆、めいめい、リュックに遊び道具を詰めて来ている。

8歳はこのときとばかりゲームに熱中したい。

家では時間をきっちり制限され、ばぁばのところだと怒られないからと安心している。

5歳は、着せ替え人形だの、絵本だの、ぬいぐるみのペロちゃんだの

どっさり、背負ってきた。

2歳のゴンタは、ばぁばとこに置いてある、お気に入りのままごとや、

積み木を引っ張り出している。

数字に関心を持ち始め、しきりに、にぃ~、ごぉ~とか言いながら

模った木のおもちゃにご執心だ。

8歳や5歳が小さいころに遊んだものばかりだ。

 

「ご飯も食べさせているし、お風呂も入っているから~」とママに聞いていたから

あとは、寝るだけだ・・・と、思っていると・・・

「いこっ!」

ゴンタが、ままごとのカップ類を抱え、風呂場へとばぁばの手をいざなう。

コーヒーカップやスプーンや皿などのおもちゃを湯船の中に入れ

遊ぶのが好きなのだ。

「えっ、今日は、もうお風呂に入ったから、入らないよ~」と、なだめると

「いやだぁ~いやだぁ~~」

 また、いやだぁ~が始まった。

まったく「いやだぁ~」は、2歳のゴンタにとって便利な魔法の言葉らしい。

味をしめ、言葉と行動で抵抗する。

 

ちっ。

まったく泣く子には、適わないヨ。

ばぁばは、しもべになるしかない。

 

夜10時ごろになると、ばぁばは、眠たくて仕方ない。

5歳や8歳は学校や幼稚園が休みの前は、のんびりしている。

ばぁばは、いつも早く寝ているし、彼らが来ると生活のリズムが乱れる^^

 

部屋の電気を落とし3つの布団を並べ、いざ寝ようとすると・・・

「パンマンみるぅ~」

ゲオで借りてきたらしい「アンパンマン」が、見たいとゴンタが言い出した。

「もうネンネの時間やからあしたにしよ!」なだめるも

「いやだぁ~いやだぁ~~」

またまた、いやだぁ~作戦が開始されたのだ。

 

かくして・・・

暗い部屋で背中を丸め、ひとり「パンマン」に見入っているゴンタを

想像して欲しい。

まったく、ばぁばもにぃにもねぇねも、気になって眠るどころではない。

 

何話か収録されたものを、適当なところで切った。

ゴンタの怒ること、すさまじい。

それでも知らん顔して3人は寝たふりを決める。

 

いつのまにか、ごねることに疲れたゴンタも、やがてコトンと

静かな寝息を立て始めた。

 

「ばんこっこ、はるぅ~」と、小さなゆびを差し出してバンソウコウを

ねだった手を、ばぁばのわき腹にくっつけて寝ている。

やれやれ、わがやのゴンタ王子のご就寝だ。

おやすみ~~~♪

小さなチビスケの反抗期は、始まったばかりだ。