読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんパンが食べたくなって・・・

 

f:id:mursakisikibu:20140920101802j:plain

 

無性に甘いものが食べたくなった。

からだが欲しているのだろうか。

 

めったに間食をしないから、甘いお菓子やケーキ類はわが家には無縁である。

特に生クリームのたっぷりのったケーキは敬遠する。

つい最近まで、イチゴのショートケーキや、モンブランなど目がなかったのに

いっこうに欲しくなくなった。

年とともに嗜好も変化し、楽しみが軽減されるようで、なんだか嬉しくない。

 

たまにお菓子の到来物があっても長いあいだ仏壇に鎮座しており

いざ、口に入れる段になって、古くなったりしていることがある。

冷蔵庫のなかで腐らせてしまうこともあり、もったいないと

思いつつ、同じ愚を犯す。

まぁ、たいていは来客の胃袋にも収まってしまうから、ありがたいのだが。

 

レッスンのときに時々、紅茶とともに、焼きたてパンを出すことがある。

前日近くのパン屋さんで求めたものが多い。

あっさりしたメロンパンであったり、小さめのクロワッサンであったり。

 

f:id:mursakisikibu:20140920101814j:plain

持って帰ったあんパン。ちょっと萎んでしまったが・・・

 

このあいだは、珍しくあんパンが食べたくなり、買いに出た。

あんパンは、どこのパンやさんでもいいと、言うわけではなく

いつも散歩の道中にある「石窯工房」製ので、なければならない。

最近は、コンビニなどでも焼きたてパンを売りにしている。

けれど、HOKUHOUや○オンのなかにある工房でも、わたしにとってはダメなのだ。

同じあんパンでも、匂いと味が違う。

たぶん、わたしの好みだけ・・だと思うが

石窯工房は、「KAWA」と言い、こちらの「石窯あんパン」は、実にうまい。

 

何が気に入っているかというと、パンの皮なのだ。

クロワッサンのような粗い生地で焼いてあり、口ざわりが妙によろしい。

余計なものが混ざっていない素朴な皮と言ったらいいのか・・・。

小豆の餡もちょうどいい甘さだ。

こしあんや、粒あん、両方あり、時々食べ比べる。

 

そんなわけで、わざわざ散歩道にあるKAWAまで行ってきた。

歩いて片道30分は、かかる・・・。

朝も歩いたし、もう近場のパン屋さんで妥協しても良さそうなものだが

やっぱり譲れない。

夕方、焼ける時間帯を見図らい、熱々あんパンをタダの珈琲とともに、頂いてきた。

あんパンだけというのも悪いので、魚のフライにタルタルソースとサラダを

挟んだ、バーガー風のパンも一緒に食べたら、お腹がいっぱい!

かくして、夜の食事はそれで、終わりにしたという次第だ。

 

皆さまは、あんぱんは、お好き?