読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたらし団子の手

f:id:mursakisikibu:20140930182327j:plain

   

娘のところで珍しく、晩ご飯の写真を撮っていると

2歳がおもちゃのカップを持ってきて、撮れという。

カップは直径が5センチほどの小さいもので

直前まで、ばぁばと遊んでいたものだ。

 

カップをグラスに見立て、蛇口をひねるような格好で、カップを下に置き

「じゃぁ~っ」と声に出し、ジュースかなにか飲料水を注ぐまねをしている。

氷をガラガラっといれる。

どこぞのバーテンダーのような手つきである。

ファミレスのジュースバーでも知っているような手だ。

ゴクゴクと喉をならして、飲み干すさまがなかなか堂に入っている。

「あ~~おいちかった!」

まったく・・・

噺家にでもなれそうだ。

 

「ばぁばも、どうじょぉ~」

カップに氷とジュースを入れるまねをして差し出す。

今度はばぁばの番だ。

いかにも、おいしそうに飲まないといけない。

うやうやしく押し頂き、2歳と同じようにゴクゴクと喉をならし

「ああ~おいしかった、ごちそうさまぁ」

はぁ~芸当も骨がいるものだ^^

 

f:id:mursakisikibu:20140930182646j:plain

 

その日の夕餉は、鶏の手羽もとのから揚げを甘く味付けしたものと

れんこんのきんぴら、生ハムとオニオンのサラダだ。

きんぴらは8歳の好物、オニオンサラダは5歳の・・・

ばぁばも久しぶりにかぶりついた。

大根と豚を煮たのも、おいしかったなぁ。

ママは安い材料で、賑やかな食卓を飾るのに慣れている。

 

   f:id:mursakisikibu:20140930182543j:plain

2歳が、カップを二つテーブルに並べると、ふっくら丸い手を添えたのでパチリ。

指はカラメルいろでモコモコしている。

まるでみたらし団子のようだ。

 

      f:id:mursakisikibu:20140930182520j:plain

あら、みたらし団子の手が増えた。

傍で見ていた5歳がおもしろがって、加わったのだ。

2歳も5歳も、こんがり焼けて似たような指をしている。

真っ黒に日焼けした小さな手が4つ。

ありぁ~2歳のつめ先は、少し垢がたまっているではないか。

なにふりかまわぬ遊び人の手だ。

5歳はちょびっとお姉ちゃんらしく、指先のポーズが決まっている。

 

ころころ、もっこり、みたらし団子の指をみながら

彼らの将来が安全で平和であるよう願わずにはおれない。