読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつら、うつら・・・

ひとりごと

        f:id:mursakisikibu:20141213111940j:plain

 

最近よく眠るようになった。

寝ることがこんなに気持ちいいなんて!

これまで感じたこともなかったけれど身体が欲しているのか。

 

夜中に何度も目を覚ましては深夜のラジオに耳を傾け

持ってきたくクラシックや童謡の曲も飽きるほど聴いた。

 でも最近は夜中の目覚めも少なくり、朝も早くからゴソゴソと

動き回りたいという気持ちも失せた。

布団のなかがいいなぁ~~という感じである。

こんなの何ぶりだろう。

 

治療は中間地点に来ており、ぼつぼつ身体が反応し始めているころか。

そのことに呼応するように「気力」が失せて来ているのも感じる。

いつも眠たい。

好きな作家の小説もすぐに閉じてしまい読めない。

絵を描くタブレットも家族にせかせて早く病室に持ち込んだのに

一向に描く気がしないのである。

何ゆえじゃぁ~~

 

「わたしもそうなんですよ~」

そんなことを同室のひとに話すと彼女も同じ思いのようで

眠たいのと何にもやる気が起なくなったことを言っている。

 

彼女は、わたしよりひと月早く入院し、手術をした。

下肢に若干のマヒが残り、リハビリ中である。

幼い子を抱えて一日も早い退院を心待ちにしているのがわかる。

 

「友だちに恵まれているんですよ~」と彼女が言うとおり

職場の友が頻繁に訪れ食事どきなども介助してくれる。

素敵な女性だ。

彼女にも幸あれ!

 

眠たいときは、眠ろう。

何にもしたくないときは、ぼ~っとしていよう。

元気そうに見えてもまだビョウニンだから。

うつら、うつらは、身体のサインだ。

今日は、これからお嫁さんが外泊の迎えに来てくれる。