読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったくね。

ひとりごと

    f:id:mursakisikibu:20141218200207j:plain

 

「健康の見本みたいな、あなたがそんな病気をするなんてねぇ。」

友人は驚き、そしてこちらの声の明るさに安心したのか

はっきりモノを言ってくれる。

まったくだ・・・。

 

わたしだって、この年の瀬に病院でウロウロしているなんて

想像だにしていなかった。

ウロウロというのは、リハビリの移動のことである。

広い院内をエレベーターを使って行ったり来たりするのだが

方向音痴なわたしは、迷子になりそうになり、

ひとりでの行動の許可がなかなか下りなかった。

四肢の不自由な方と一緒に看護師さんに付き添っていただく。

ひもつきが解けたのはつい最近のことだ。

ひとりで行動できるのはうれしい。

ストレスもなくなるというものだ。

言語、理学、作業などの療法を治療のあいまにやっていただいて

きょうびの入院生活も忙しい^^

 

技師さんや先生を始め皆さん、とろけるように

やさしくて、ていねいに接してくださる。

すごいなぁ~~といつも感心しているのである。

 

わたしの場合は、大した後遺症もなくて安堵したが

それでも若干目の見え方にそれまでとは違った異変を感じている。

目がチカチカと痛かったのは病の兆候だったのだ。

 

今年の総括などというものを考えてみるに

わたしにはまったくの晴天の霹靂で、いまだに信じられない気がしている。

夫が長年病気で苦しみ他界したから、傍にいるわたしは

しっかり「学習」したつもりで、かなり日々の生活には気をつけて

いたつもりだった。

原因はわからない、らしい。

 

とにかく医学の進歩の恩恵を受け、いまここに

生存しているわが身が、ありがたい。

今日も一日ありがとう、と声に出してみる。