読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感激!!

感動

    f:id:mursakisikibu:20150109141008j:plain

 

ひゃぁ~~こんなにも!

嬉しさひとしおである。

昨日、退院した記事をアップしたあとベッドに潜り込み、しばし惰眠を貪っていた。

まだ急には動けないので慎重に行動し、

疲れたらすぐ横になれるよう寝室で寝ている。

ふだんは暫定で和室で休んでいるのだが布団の

上げ下ろしが面倒だし体力的にしんどい。

 

そんなわけで、しばらく寝室にこもり、パソも覗いていなかったのだけれど、

開いてびっくり!

 

登録しているSNSサイト「シニア・ナビ」の足跡に

退院を祝すコメントがずらりと入っていたのだ。

 

ふだん、そっけないほど不器用なわたしを

こんなにもたくさんの方が、病気を心配しまた退院を喜んでくださって

いることに感激した。

このようなときのひと言メッセージってグッとくる。

ありがとうございます。

 

こちらの「はてなブログ」のコメント欄は、まだ閉じている。

もっぱら一方通行の言いたい放題のわがままブログに

はてなブログの読者もお付き合いくださり、

気持ちを表すように星をいただいている。

そのお気持ちをしっかり受け止めているところだ。

ありがとうございます^^

 

ささやかな目に見えない心の波動というのか

感動が人間の生きる力を支え、糧になる。

デジタル時代にあって様々な居住地、年齢、性差を超えて

サイトやブログを通じて個々の人間関係が温かく構築できるのは

時代の副産物ともいえる。

 

一方でネット人口が増えるにつれ、わけのわからない輩も増え、

なんとシニア世代の女性におつきあいを願う30代男性もいると聞く。

なにを考えているのだろう。

 

前述のコミュニティサイトですら、つい最近までかなり

良心的だと感じていたけれど、このところ出会い系サイトに

特化したような催しが増え、興ざめしている会員も多いのではないだろうか。

 

そのような出会い目的のひともいるだろうけれど

ささやかな出会いで会話を愉しみ自身の向上や、発展に

つなげたいと感じているひとが多数ではないか。

 

ともあれ、デジタルでお顔も知らないかたと情報交換、交流する喜びや

関心が、いい感じで深まるのは大人の熟成された高度な遊びと思いたい。

今回の温かい退院メッセージで特にそう感じた。

とても感激した。

重ねてお礼を申し上げます。