読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他愛のない話

f:id:mursakisikibu:20150110100535j:plain

 

先日の退院メッセージのなかに「久しぶりの家は輝いてみえるでしょう?」

「新鮮でしょう?」というのがあり、まったくそのとおりで深くうなづいている。

病を得ると人生観が変わるともいうが、それに似たようなことを

ささやかだが今、感じている。

 

それは、ひとえにわたし自身のわがままな性格にも起因しており

特に子どもたちに対してはその傾向が強く口では、ありがとうねぇ~

などと言っても心から感謝していたかどうか・・・アヤシイ。

 

家に帰ってわが家の液晶テレビのきれいさに驚いた。

久しぶりにBSやケーブルテレビに見入っている。

昨夜の由紀さおりのコンサートも素晴らしかった。

 

ふだん、さほどテレビをみないわたしも今回の入院で暇だから

冷蔵庫と合体したテレビカードを求めた。

このカードがまた高い。

ところがデジタルになっていないから肝心のBSも見られない。

おまけに電波のせいか画像が粗く色も汚い。

 

そんなテレビとつきあっていたせいで、わが家の液晶が

とてつもなく素晴らしいモノに見えてきた。

実際画面はきれいなのだが、その大きさにちょっぴり不満を抱いてもいた。

 

実はこの液晶テレビ、還暦祝いに息子夫婦と娘夫婦が

知恵を出し合い、プレゼントしてくれたもの。

嬉しかったけれど、どうせなら録画機能もあったほうが良かったなぁ・・・

彼らの家にある42インチとまでいかなくても、

もう少し大きいのが欲しかったなどと、どこまでもバチ当たりな母である。

 

霜降り画面を見たせいでわが家のテレビがぐっと、いとおしくなった。

それに加えて娘がDVDの録画再生機をブルーレイに

変えたからと、これまで使っていた機器を取り付けてくれた。

これで好きな映画が録画できる。

まったく持つべきは娘だ、サンキュー。

 

画面のきれいさに惚れなおしている。