読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勘違い、モノ忘れにご用心。

f:id:mursakisikibu:20150202172946j:plain

いやはや、わたしのことである。

歳や病気のせいにしたくはないが、ふ~むと考え込む。

術後に文字が書けないなどの後遺症があることには以前触れた。

いまでも言葉がすっと出てこなかったり、霧がかかったような感じが

あり、もう元には戻れないのではないかと危惧する。

でも拙文を書いたり拙ない絵を描いたりしているうちに

少しずつ、感覚を取り戻しつつあり、うれしいなぁとも思っていている。

リハビリになっているようだ。

 

気力や、やる気もボチボチ出てきて調子に乗って

先日、ほったらかしにしていたホームページの更新を試みた。

絵画展の写真や後始末も手つかずで、終えるやいなや倒れ込むよう入院したから

そのままになっており、気になっていた。

 

いざ作業にかかると戸惑うこと多し!である。

わずか半年しか間をおいていないのに、記憶の落ちていることに愕然とした。

10年以上使っている作成ソフト「ホームページビルダー「を

立ち上げようとすると、出てこない。

プログラムを検索してもでてこない。

おかしいなぁ?

間違って削除してしまったのだろうか?

アンインストールしたら、いくらなんでも覚えているし

わざわざそんなことはしない。

しようがないからまたインストしようとソフトをさがしていて

ふと気がついた。

このPCには最初から容量が少ないためインストしていなかったことを。

 

同じ時期に使っていた同じ機種のVistaにはいれてあったが

そちらはダウンしてしまい、いまお蔵入りしている。

他のXPのディスクトップフォトショップも含め諸々

いれてあることを思い出すのになんと小1時間近くかかった。

まったく・・・なんてこった。

 違うPCでソフトを立ち上げ

ページを引っ張り出し、入力し画像の転送に入るや、

またも・・・ひっかかった。

エラーがでて、どうしてもうまく転送できないのだ。

どうしてだ?

かろうじてファイル転送だけ思い出し直近の画像を2枚ほどアップした。

たったこれだけの作業に四苦八苦したのは珍しい。

そして疲れた。

 

似たような思いこみや勘違いは数知れない。

さっきも娘に電話して呆れられたところである。

明朝、入院していた病院の診察があり、MRIやその他の

同意書などを記入して持参することになっている。

朝が早いので診察券等も万端ぬかりなく、と思っていたら

カバンの中をいくら探してもない!

どこへ入れたのだろう。

ハンドバッグ類は出かけ先が違うたびに中身を

移動させたりするから、時々忘れてしまう。

大きな病院だから再発行など時間がかかりそう。

「あんた、おかあさんの診察券持ってないよなぁ」訊くと

「おかぁさん、いつものベージュのカバンに入れてたやん!

わたし知らんよ~~」と、にべもない。

いつからこんなに記憶喪失症候群になったのだ。

 

またまたカバンのなかをひっくり廻しようやく出てきた。

ああ~年齢のなせるわざか、記憶の飛んだことに起因するのか。

考えるだに、病気になりそうだから深く悩まないようにしよう。

いや、もうなっているか^^