読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝手知ったる・・・

家族

f:id:mursakisikibu:20150213114336j:plain

バタバタと靴を脱ぐのも、もどかしく玄関先で

我先にとわがやに入ろうとするちびっ子たち。

いや、ギャングたちかな(^u^)

 

小3の長男と今度小学校にあがる真ん中の子、

そして幼稚園にあがるチビスケである。

ばぁばんちは、自分ちよりわがままが効くと思っているのか

まぁ、甘え放題である。

 

「ばぁばは、ビョーキだから静かに遊んでなさいよ~」

そう言いつつ病み上がりのばぁばに娘はバレーボールの

練習中のための子守を頼んで出かけて行った。

まったく・・・と言いながらこちらも半分目を細めている。

 

食事を持ってきてくれ、わが家で食べるが入浴など

一切しないことになっている。

しばらく子守だけである。

以前よりちょっとラクだ。

 

「おとなしくしてなさいよ~」と

言われて素直に守っているのは最初の1時間ぐらいか。

そのうち、ビデオの選択を巡ってそれぞれが観たいものを主張しだし

収拾がつかなくなる。

最近は2歳のチビスケまでが泣き落としにかかり

地団太踏みぜったい、にぃにやねぇねに譲らない。

処世術に長けている。

 

「いい加減にしなさ~い」

「ケンカばっかりする子は、もうばぁばんちに来んといて!」

きついばぁばだ・・・

 

カミナリを落としたから、機嫌なおしに

「おいしい紅茶淹れよう~」というと

彼らも好きだから飛びついてくる。

「オレ、りんご」

「わたし、イチゴ」

ティパックを選んでやっていると、2歳が生意気にも

「ゴースケも~」と詰まらせた鼻で、要求し、モコモコした手を出して来る。

彼の名はちなみにゴースケではなく「ソウスケ」である。

黒砂糖を落とし淹れてやると顔をほころばせ飲んでいる。

傍らのお菓子をつまみながらおいしいなぁ。

静かな時間だ。

 

そのうち、ソウスケが仏壇に備えてあったボンタンを

抱えて持ってきて、剥いてぇ~だ。

今年初めて買ってみた。

酸っぱくないし最近好物になっている。

レモンとみかんをミックスしたような

清々しい香りが部屋中に広がる。

 

ボンタンを食べ終わるとリンゴ剥いて~と忙しい。

そしてグレープフルーツ~もと言いだしたから、もうおしまい。

「家ではいっこうに食べようとしないのになんでやねん!」

ママが不思議がる。

 

勝手知ったるばぁばんちは、ごちそうなど

なくても最良の居場所なのだろう。

週に一度ぐらいなら、こちらもちょうどいいかなぁ。

 甘えさせている。

 

 

f:id:mursakisikibu:20150213114950j:plain