読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蚊帳のなかにいるみたい。

f:id:mursakisikibu:20150331161558j:plain

 

いまどきの若い世代って蚊帳を知っているかなぁ。

わが息子や娘たちも知っているかどうか怪しい。

 

子どもの頃、昼間でも雷がなったりすると

家族で蚊帳の中に逃げ込んだものだ。

雷の防御になっていたのかどうか、今でもわからないが

何となく、皆で蚊帳のなかにいると安心したものだ。

家族のコミュニケーションのような・・・

 

蚊取り線香がまださほど普及していなかったころに

蚊よけとしても活躍していた。

吊るのはたいてい子どもの役割で大きく背伸びをしながら、遊び感覚でやっていた。

張るのも取り外しも大仕事だ。

かすかに麻の匂いを思い出す。

そして夏の思いへと変わる。

 

いま、その蚊帳のような大きな袋にわが家は覆われている。

マンションの大規模修繕の真っ最中だ。

まるで建物がラッピングされているようで

大きなリボンが似合いそうだ。

 

しかし、これからバルコニーの植木を移動したり

物干し竿を取り外したり、ちょっと負担のある仕事が待ち構えている。

午後から娘に来てもらう。

いま春休みだから団子3兄弟も一緒に来るだろう。

それからママのバレーボールのため、彼女たちの家へ行く。

先週の試合で勝ったからママはご機嫌だ。

 

ああ~

それにしても蚊帳の中は暗い。

外は雨降りだ。