読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねぇねが寝んねしてるから、静かにしてっ!

家族

f:id:mursakisikibu:20150410101214j:plain

「って、ソウスケが言ってる」

ママと電話で話しているときに、彼女がわたしに言った。

「へぇっ、誰に言ってんの?」

「ばぁばに・・・」

「・・・・・」

そばでしゃべっているわけではないのに

ふぇ~~~恐れ入りました、スミマセン。

ねぇねとは、チビスケの3歳上のおねえちゃんのことだ。

ねぇね思いの優しいところもあるかと思うと

口達者な3歳は最近、ことばに磨きがかかり?

少しのことでは動じない君臨者になっている。

 

このあいだなんか、おねえちゃんとケンカして

「ねぇねのケチッ!」といって

「捨てゼリフをはいてその場を離れていったわ」

ママは苦笑する。

 

先日も、親戚の家を娘一家と訪れ、やんちゃぶりを

発揮していたところだ。

「こんなチビがそばにいたら、あきちゃんも癒されるねぇ」

義姉がいう。

まったくそのとおりだ。

疲れるもするが可愛くてならない^^

 

この時期のチビの発する言葉っておもしろい。

上ふたりのときも、家族が一喜一憂し目を細め見守っていたものだ。

どこかに書きとめたらいいのだが、だんだんこちらも

面倒になってきているのと、すぐ忘れる(^u^)

 

6歳のねぇねと3歳のソウスケは共に新入生だ。

小学校の入学式は、先日雨のなかで行われ

今日もまた雨のなかで幼稚園の入園式がある。

ママは忙しいけれどはりきっている。

おめでとう~かえで!

おめでとう~ソウスケ!

い~っぱい、ともだち、できたらいいね。