読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショックなこと。

ひとりごと

             f:id:mursakisikibu:20150420071203j:plain

先日久しぶりに友人とお茶を飲んだ。

彼女と会うのは昨年の秋の絵画展以来で

半年ほど会っていなかった。

電話ではときどきおしゃべりしていたけれど

会うのは本当に久しぶりだ。

ようやく、こちらも交通機関を利用して外出できるようになった。

 

「先日、義妹(夫の弟の妻)が亡くなったのよ、急死なの」

その義理の妹は今年64歳で、至って元気だったのに・・・

積もる話が山ほどあるなかで、彼女がショックを隠せない感じで話す。

 

彼女の話によると、レストランでひとりで

ランチを摂っており、その食べ物を喉に詰まらせたことが

死因ではないかと言うことだ。

100円寿司などでもせいぜい5皿も食べたら

いいぐらい普段から食が細かったのに

最近、やたらと食が進むようになり、夫さんが不思議がるほどだったという。

虫の知らせだったのかしたら・・・

友人がひどく落ち込んだようすで話す。

だれだって身近な人の急逝には驚き、悲しみが大きい。

 

トイレから、なかなか出てこないのを不審に思った従業員が

中で倒れているのをみつけてすぐに近くの病院に運んだけれど

すでに心肺停止状態だったという。

 

 食べ物を喉に詰まらせる・・・・

「実は、わたしもあるのよ、怖いわぁ」友人がいう。

他人事ではない。

わたしも気をつけよう。

30回は噛み、唾液をたっぷり出したほうが良さそうだ。

もっと高齢者のことだと思っていたけれど

危機はすぐ傍にあるのだ。

年を重ねるというのは、日常の生活のなかに

思いもかけないことを引き起こす。

 

友人の義妹さんのご冥福を祈ります。