読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんということ・・・

ひとりごと

 

f:id:mursakisikibu:20150424101226j:plain

至近でスカイプで話したのはいつだったか。

3月初旬だったような気がする。

いつも穏やかな声音でお誘いを下さるのだ。

最近、音沙汰がないしこちらから電話でも

してみようかと思っていた矢先、ふっとその方の

主宰されるサークルの掲示板を覗いてみた。

 

そこにはなんと!

その方を追悼される言葉と、

遺影らしい動画で思いが張られていた。

亡くなられた?!

え?いつ?

全身に鳥肌が経つほど驚いた。

そして信じられない思いですぐにそのサークルの主要メンバー

Mさんに電話した。

 

逝去されたのは1か月ほど前で、前日サークルのことで

話をしたばかりだといい、お元気の様子だったのに

夜中に急に腹痛を訴え病院に搬送された。

そして緊急手術で帰らぬ人となったということである。

 

夜中の緊急手術だなんてよほどのこととは

思うが「ありえない!」と直感した。

「わたしもそう思う・・・」

余計なことかもしれないが医療ミス?が

一瞬頭をよぎった。

「どれだけ無念だったか・・・」と、伝えてくれた彼女も

電話口で号泣していた。

 

その方は数年前に病を得ていたけれど、5年生存に勝ち

もう来院しなくていいですよ~と言われ喜んでいた。

詳細をご家族に訊きたかったけれどお通夜の

あわただしい時に聞けなかったという。

あまりの現実に涙するしかない。

 

思えばこの数年、その方にはずいぶんお世話になった。

前述のMさん、わたし、そしてその方Yさん

それぞれ50代、60代、70代と年代は違ったけれど

なぜか波長が合い(合わしてくださった)楽しい時間を共有できた。

 

奈良の明日香へ何度も訪れては、おいしい懐石料理に舌包をうち

筍ほりに招待され、筍を堪能したことが昨日のように思い出される。

 

「スカイプしませんかぁ~」

彼の優しい声が心のなかで響く。

慈愛に満ちた目がずっと心に残る。

 

「天国から、見守ってくれているわよ」

Mさんがいうとおり見てて欲しいな。

安らかに眠ってね、Yさん。

本当にいろいろありがとうございました。

 

心からご冥福をお祈りします。

合掌