読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジンベエサメのような。

感動・社会事象

f:id:mursakisikibu:20150517094948j:plain

幼児の習性って皆似ているのだなって笑ってしまう。

わが家の集合住宅は10棟、1000世帯が住まう、どちらかというと

マンモスマンション群である。

そのせいか、敷地内にはたくさんの樹木が広がり遊具を備えた

公園があり、近隣の住民にも開放している。

 

デイケアの方の散歩はもとより、近くの幼稚園児や

保育園児が時どきセンセに連れらてやってくる。

ゼロ歳児は、カゴのような入れモノに

入り、まとめて移動しているようである。

黄色や紫の帽子をかぶったチビちゃんたちを眺めていると

ツバメの赤ちゃんのようにも感じ、微笑ましい。

 

2、3歳の時期を過ぎた幼児期の子どもたちは

こちらの公園にたどり着くや、一斉に同じ方向に走り出す。

それも1周だけではない。

何周も運動会さながらに走っている。

その姿はまるで水族館のジンベエサメのようだ。

あんなに走って大丈夫?

転ばないかと心配になる。

 

そういえば、先日倉敷に行った時の懐石の

席上では、広い椅子式の部屋が用意され

3歳は汗だくになりひとりで走り回っていた。

そのうち飽きるだろうと、ママも甘いばぁばも

止めなかったが、似たようなことをするものだ。

 

余談だが、新緑深いこの季節に

わが家はまだすっぽり蚊帳に覆われている。

窓には出入り禁止のためのビニールが張られた。

暗い、気がめいる・・・

昨日は娘のところに避難?した。

ああ~~早く終わってほしい。

 相変わらずパソのご機嫌もよくない・・

今日はこの辺で。