読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEGAのごちそう。

f:id:mursakisikibu:20150616154733j:plain

 

先日、道の駅に行ってたっぷり新鮮野菜を仕入れてきた。

そのなかに、もちろん、わたしの人参ジュースの食材も入っている。

いつもは、宅配の○協を利用しているがたまに外のも食してみたい。

 

珍しく葉っぱがどっさりついた人参が目についた。

なかなか立派である。

いつも、あるわけではない。

新鮮な人参の臭いがプンプンで、シチューやスープなどにもいれたら、

さぞ、おいしいだろう。

 

でも今回は「娘のところの長男坊?」BEGAに

食べさせることにした。

BEGAは、人間でいうと70代後半のオスのお爺さんウサギで

焦げ茶の毛と首のあたりに白い毛が混じっている。

ピーターラビットに出て来るような愛らしい体躯と目をしている。

娘たちが結婚と同時に彼らの家に入った。

 

無農薬の野菜とヨーグルトとバナナが彼の好物だ。

そんなBEGAも一時、痩せて得体の知れない病気にかかり

娘はあちこちの獣医に連れていき、打つ手がないと言われ泣いたりしていた。

やせ細り、毛が抜けて悲惨な状態だった。

わたしも大丈夫かなと本気で心配したものだ。

まだ第1子が2歳ぐらいの手がかかる時期だった。

 

それでも、あきらめずにネットでいろいろ調べて

餌を100%野菜中心に変えたりした。

人間と同じく、食の中身は大切らしい。

以来、持ち直し毎日、毎日、静かな暮らしのなかで

口だけでは、モグモグと動かすことに忙しい。

 

最初は、和室の陽のあたる部屋に

ケージを置いて家族皆で見守っていたが、だんだん

子どもが増えるとそうもいかず、ついに納戸に置かれてしまった。

でも、お風呂やトイレや玄関を通るたびに

BEGAに話しかけ、モノ言わぬ家族を大切に育んできた。

 

最近、たまにケージを開け放つと、飛んで来て、

リビングの涼しいところに陣取るようになった。

チビたちに頭をなでられたり、追っかけまわされても、何のその。

年老いてもやっぱり賑やかなところが居心地がいいのだろう。

 

子どもたちや、ママが寝静まったあとも自分の部屋?に帰らないで

寝室の傍で丸くなっているという。

そして職業柄深夜に帰ってくるトーちゃんの足元で寝たりしているそうな。

 

BEGA、からだに良いものをたっぷり食べて

100歳ぐらいまで生きるのだぞ~~~~