読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばぁば、だぁい好き!!

家族

f:id:mursakisikibu:20151203133935j:plain

 

週一度の孫っちたちの、見守りは続いている。

幼いながらも彼らは、目に見えて成長し、ばぁばのお守りは

だんだん楽ちんになっている。

 

小学3年生と今年1年になった孫も、チビ助を

お風呂に入れたり、遊んでやったりと

ママの留守のとき、面倒をみてくれ助かっている。

当たり前だが、いつもと言うわけではない。

 

長男の甚六のおっとりした「潤平・じゅんぺい」と、勝気で負けず嫌いな

「楓花・かえで」は、時折激しい口争いに発展し

ママの雷をいざなっている。

そんなとき末っ子の「蒼輔・そうすけ」は、威勢のいい

勝ち目のある側につく、ちゃっかり者である。

 

3人3様でそれぞれ個性がある。

上ふたりは、話すことも、歩くことも

オムツの取れ方もずいぶん早く、周囲を驚かせたものだが

一番下の蒼輔は、すべてにおいてゆっくりペース。

幼稚園に入る前に取れたらいいわぁ~と

3人目の子育ての自信から、ゆっくり構えていた。

 

日々の語らいのなかで時々、にぃにや、ねぇねはソウスケに質問する。

「ソウスケ、一番だれが好き?」

ママが一番で、トーちゃんが二番、そして、にぃに、ねぇね、

飼っている「ベガ」と続く。

ベガは70歳のおじいちゃんウサギだ。

ばぁばは、おじいちゃんウサギに負けている^^

きなこヨーグルトや、アイスクリームなどたっぷり食べさせているのになぁ~

 

ところが最近は順位が変わってきた。

せっせと絵本を読んでやったり

「にっぽん、昔ばなし」を話したり濃厚な

時を過ごしているせいか、気が付くとソウスケが膝の中に

すっぽり入り、甘えていることが多くなった。

昨夜もそうだった。

ニコニコ、ニコニコ。

嬉しそうである。

 

にぃにや、ねぇねが、またも

「ソウスケ~一番だれが好き?」と訊くと

「ママが一番、チュキ。」

「2番目に、ばぁばが、だぁいチュキ!」

フム、ふむ。

なかなか喜ばせ上手である。

 

毎日、毎日、洪水のように詩人のように、発する言葉に

ばぁばは感動するも、書き留める余裕もなく

片っ端から忘れていっている。

許せよ、ソウスケ。