読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の荒廃と虐待

 

f:id:mursakisikibu:20160131214855j:plain

 

過日の読売の編集手帳から。

吉野弘さんに『眼・空・恋』と題する詩がある。

 

 

涙が止まらない。

 

以下引用もあり・・・です。

 

私は断言する

見るに値するものがあったから

眼があったのだと。

値するものとは、たとえば美しい空であり

恋人だという。

いまひとつ私は断言する。

美しいものは眼の愛に射られて

より美しくなっていくのだと。

まなざしの愛で射抜いてみたいほど

美しい何かに出会えただろうか・・・と。

 

東京都大田区の新井あやとちゃんの(3)の

ことに触れている。

「にらんだ」と、ただそれけの理由で、同居している

母親の交際相手から凄まじい暴行を受けて死んだ。

短い人生の最後に目はどんな風景をみたのだろう。

「飛び降りて死んでしまえ」と

連れ出されたベランダか。

床に突き立てられた包丁か。

体ごと投げつけられたガラスケースか。

繰り返し顔を打つ男の手か。

脳天や肩に降ってくる格闘ワザか。

 

これを虐待死とは呼ばせない。

虐殺である。と

記者は最後に結んである。

 

編集手帳記事が重く心に残り

特に最近の虐待の凄まじさには言葉がない。

ここまで日本の荒廃は進んだのか・・・。

幼くして命を奪われて逝った子どもたちの

冥福を祈る。