やっぱりお喋りだ。

f:id:mursakisikibu:20190123164035p:plain

 

パソコンで描いた絵は数知れず。

でも、新作は相変わらず描けていない。

 

プリンターを引っ張りだし、セッテイングしてもらった。

こんなことは、かつて当たり前に出来て

いたことなのに、今は記憶の片隅から

呼び戻さないといけない。

 

何となく今はすべてが、億劫だ。

 

そんな中、先日久しぶりに友と会った。

我が家を訪れてくれたのだ。

会えばいつものように、息つく間もないほど

お喋りに花が咲く。

 

おしゃべりの合間に内館牧子

本を借りた。『すぐ死ぬんだから』

題名はおっかないが、いたってまじめなエッセイだ。

 

 

母の味。

f:id:mursakisikibu:20180722162921p:plain

 

ゴーヤ大好き!

苦みがあるけれど、わたしは大好きだ。

若い頃は、さほど美味しいとも思わなかったが

年齢を経て好きになっている。

味噌炒めが特に旨いと感じる。

母が健在な頃、毎年送ってくれた。

 

同じように、母の味にチマキがある。

兄嫁は今年も送ってくれた。

 

アクを手に入れるのが難しくなってたと言いつつ

材料を調達してくれた。

もち米を蒸し、竹の皮に包むなど1日がかりの作業である。

子どものころ、チマキはさほど美味しいとも

思わなったが、年齢を重ね好物になっている。

兄嫁さんに感謝である。

  

 

仁徳陵古墳

仁徳陵古墳(にんとくりょうこふん)

世界遺産に認定された。

 

 古墳時代以前

世界最大の前方後円墳

 

世界最大の前方後円墳で全長486m、面積約46万平米、三重の濠に囲まれている。エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大陵墓の一つ。

5世紀中頃に約20年をかけて築造されたと推定され、北側の反正(はんぜい)陵、南側の履中(りちゅう)陵とともに百舌鳥(もず)耳原(みみはら)三陵とよばれている。

 

 

http://www.kiis.or.jp/kansaida/sakai/kd0501.jpg

 

世界でも類を見ない古墳群が

認定された。

我が家からも電車で10分ほどの距離にあり

よく散歩などを愉しんだものだ。

 

古墳群を思う時、楠木の木の香りを感じる。

何とも言えない芳香がある。

 

 

花を活かす。

f:id:mursakisikibu:20190513162148j:plain

f:id:mursakisikibu:20190513162219j:plain

f:id:mursakisikibu:20190513162308j:plain

 

お嫁さんから贈られたカーネーション

いつもおしゃれな花を贈ってくれるが

生は初めてだ。

花が終わったら挿し芽にしてみよう。

 

姉など、魔法のように花を活かし、次々挿し芽を

しては、増やしている。

無精者のわたしはよく枯らす。

でも最近は学習して、植物が育つようになった。

それだけでも嬉しい。

 

もうすぐ、ユリが咲く。

ブライダルベール清楚が花を咲かせている。