読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫背にご用心!

 

f:id:mursakisikibu:20130412065521j:plain

 

スナップ写真は気を許しているせいかヘンなのが多い。

特に後ろ姿はギョッとする。

数年前に知人たちと出かけた旅行のビデオを

みなで観て、一様に驚いたのが背中の丸いことだ。

「え~っ、うっそぉ~」

中学生も顔負けの黄色い声を出しておののく。

 

気をつけていても、からだは、ウソはつかない?

背中が曲がっていると老けて見える。

背筋がしゃんと伸びているとそれだけでも若く見える。

膝をまっすぐ伸ばして歩くとそれだけでも垢ぬけてみえる。

欧米人の歩き方は、芸能人でなくてもきれい!だ。

 

背中、背中・・・意識しているのだがクセは容易に直せない。

 

過日の日経夕刊が「猫背の弊害」の記事の中で

心身ともに悪影響を及ぼすことを記していた。

 

肩が前に来て胸が閉じた状態になると、胸部の動きが

鈍くなって呼吸が浅くなり、代謝が落ちてくる。

酸素の摂取量が減れば脳などの活動に悪影響を及ぼし

運動能力が低下するほか、集中力が高まりにくという。

 

肩こりも招く。

頭が前に突き出ると、背中や肩の周辺にある僧幅筋が頭を

支えようと緊張し、固くなる。

頭部は全体重の約10%を占めると言われ、それを

支える僧幅筋に負荷がかかる。

 

背骨は自立神経などの通り道。

背中が丸いと神経が圧迫され、様々な内臓疾患を招き、

偏頭痛や内臓機能の低下にまでつながる。

 

姿勢が悪いとだけ、甘くみているといつの間にか

深刻な症状に発展すると警鐘を鳴らす。

 

また猫背はプラス思考になりにくい。

「肩を落とす」という言葉があるように

猫背はその人が落ち込んでいる様に映り

実年齢より老けてみえる・・・そうだ。

 

なるほど、猫背を侮ってはいけない。

 

ではどうすれば猫背を直せるか・・・

加齢で背骨が変形した場合は外科手術が必要だが

直そういう意識と努力で回復できるという。

 

椅子にすわるときは、背筋をしっかり伸ばし、足の裏を

床に着けて、足首やひざの角度をほぼ直角にする。

パソコンを使うときも、肘を90度曲げたところに、

キーボードを置き画面は、最上部が目の高さにくるように調節するといい。

 

 

柔らかなソファより固めの椅子がおすすめ!らしい。

猫背をなおす体操もある。

両手を腰の後ろに回して指を組み、ゆっくり背中を反らせる。

この動作を20回!

 

猫背は「丸まったポスターみたいなもので、裏側に丸め直せば元に戻る」

ということである。

 

う~ん。

日々の生活のなかで意識して背中を伸ばすように

しないと、やっぱり体にも良くないのだ・・・。

日がなパソコンに向かって仕事していて

しかも炬燵のなかに足を投げ出して前かがみに

なっているようでは、ますます姿勢が悪くなる。

心しよう!

さぁ、今日から「姿勢美人」をめざすぞ!