読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショック!

生き方・人

f:id:mursakisikibu:20140602065317j:plain

 

今ごろになって気がつくなんて・・・

なんて間抜けなんだろう。

たぶん昨年、書棚を処分したときに、間違えて一緒に捨ててしまったのだろう。

それしか考えられない。

 

20代から40代後半までわたしを支えてくれたもの

生活の糧であり、文字どおり寝食忘れていそしんだ仕事の相棒

思い入れのある「筆」を紛失した。

平筆やゴシック面相など大小あわせて、100本近くは、あっただろう。

 

新卒後、百貨店や大型流通店舗の宣伝広告に属し、ポスターや看板など

手描きで1枚、1枚制作していた。

垂れ幕や横断幕も、日に焼けながら屋上で描いていたことを思い出す。

時代だ。

 

筆立てに入れたそれは、アナログ制作からデジタルに移行したときに持ち主の

転職とともに(事務職に移った)出番を無くし、職場から持ち帰ったものだ。

ときどき、広告会社などから、依頼を受け自宅で仕事をしたから、

そのときの分も含め、筆は相当数にのぼった。

 

書道の筆も合わせると、数えきれない。

筆マニアなところもあり、気に入ったのをみつけると財布と関係なく

求めていたものである。

実力のなさを筆でカバーしようとの魂胆もあった^^

 

 手描きの温もりなど遠い昔の戯言のように忘れ去られ、今やグラフィック物は

パソコン一台ですぐにでき、大量生産も当たり前になった。

 

かつての仕事を誇りに思い、また生きてきた証のようにも感じ

使わなくなったけれど、大切にしまっていた、はず・・・の

筆を失くした痛手は大きい。

 

昨日、たまたま、チビたちが水彩色鉛筆を使って遊んでいて

筆の取りあいになったことから、昔の筆を使わせてみようかと

探したことが、紛失発覚につながった。

まったく・・・

アホさもここまで来るとビョウキだなぁ。

苦笑しているわたしである。

 

2枚の絵は、7歳がパソコンで描きなぐったもの。

スタンプで遊んでいたら、わけのわからないスペルがでてきてびっくりしている。

f:id:mursakisikibu:20140602064610j:plain

 

 宇宙という題名らしい・・・?

f:id:mursakisikibu:20140602064628j:plain