読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜そごう作品展

f:id:mursakisikibu:20150801062337j:plain

 

8月12日から横浜そごうで山田みち子先生主宰の「電彩アート展」が開催される。

年に一度の会員の晴れ舞台でもある。

わたしは、残念ながら出展を見送った。

昨年は東京、神奈川在住の多くのブログ友とも

お会いし共に食事やお茶を愉しんだものだ。

今年は行けない。

その旨を先生には伝えていた。

先生とのご縁をいただいてから初めてのことだ。

寂しい気分でいると・・・

 

先日、固定電話が鳴った。

見覚えのある県外の番号だ。

似たような局番の間違い電話が以前にもあり、

今回もそうかなあと思い、じぃ~とナンバーデイスプレイを眺めながめていた。

悪いかなぁとも思いながら受話器を取らないでいた。

呼び出し音は長いこと鳴っていた。

 

固定電話の呼び出し音が止まると同時に今度は携帯が鳴った。

「あっ!やっぱり!」

名前を見てびっくり、そして恐縮した。

相手はパソコン絵画でお世話になっている山田先生だった。

退職して教えて頂いてから6年近くが経つ。

全国にお弟子さんがいらして、いつも受講生のいいところを

引き出してくれ、どなたにも熱いエールを贈って

くださる情熱と慈悲がいっぱいのあったかい師である。

 

昨秋、雷に打たれたように予期せぬ病を

得たときも「決して、無理はしないでくださいね~」

「今は養生が大切です、いつも案じています」と言葉を頂いている。

ご自身も様々な苦境を乗り越えてこられたせいか、人一倍感受性が

強く他者を思う気持ちが強い方だ。

 

その先生がどんなご用事なのかと思っていると

昨年、大阪の作品展に来てくださったときに淀屋橋のバラ園や

大川を散策されている。

都心から眺める川とビルとバラ園を1枚描いていた。

「そのときの絵が素晴らしい、こちらを出品したい」から

許可を得たいとの申し出であった。

 

「え~~~っ」恐縮して

「じゃぁ、手元の作品を急きょお送りします。」

「いいえ、こちらで額も選びます」

あくまでもこちらに負担をかけさせまいとの心遣だ。

涙が出そうだった。

いつもいつも心配してくださる師に改めて感謝の念が湧く。

真・善・美を地でいっておられる。

 

かくして、甘えることにした。

年齢を重ねると一つひとつの出会いが宝石のように輝く。

横浜そごう近辺にお住いの方はぜひご高覧いただくとうれしい。

 

作品絵展の成功裡を心から祈念いたします。