読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな言葉。

 再掲です。

 

この言葉が好きだ。


座右の銘にしたい好きな言葉は多いが、これは日常心がけていることであり
一番、ぴったりと胸にせまる。
亡き夫の母が教えてくれたもので
仏教法華経のなかに出てくる「和顔施」で
寄付などと同じように布施のひとつであるらしい。


ニコニコと柔和な顔で、そして優しい言葉を発することが
相手のこころをほぐし、善行になるというのだ。
大きな大義名分を掲げ、ボランティアをと叫ばなくとも
日常のなかに小さな善意の芽は隠れている。


ひとが傷ついたり悩んだりしたときに
多くの言葉は要らないが、あったかいまなざしと
真に相手を受容する気持ちがあると、そのこころは届く。


ところが案外これが簡単そうで、できない。
いつのまにか眉間にシワを寄せて口をへの字に曲げて
難しい顔をしていることが少なくない。
発する言葉は、蜂の一刺しにも似て鋭いことがある。
たまに反省する。


f:id:mursakisikibu:20120110071325j:image:left



実家に戻ったときに、この言葉を引用した
掛け軸を久しぶりに、じっくりと眺めた。
時々、中国の故事や漢詩などから書にしたためており
30年以上も前に書いたわたしの初期の作品である。
未熟な四文字が踊っている。


今は、茶けて染みがありお世辞にもきれいとは思えない。
誰も目をかける者などいない。
実家にひっそりとかかっていた、この掛け軸を
亡き父は訪れるひとに自慢していたらしい。
父親の、厳しいそして娘に甘い親バカぶりを思った。


いまは、さっぱりと墨を磨ることをしなくなった
娘の気まぐれを苦笑しているかも知れない。

 

数年前描いたヘタな文字が躍っている。

これも愛嬌です。



そうだ、今年は「和顔愛語」でいこう。
何もできなくとも、こころの慈悲はかけられる。
柔和でほっとする言葉かけを・・・

座右の銘と称するほど

大層なことではないが、好きだ。